麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


忘新年会2016

肉祭り

肉釜玉

肉そぼろ釜玉

ハイボール
生ハム

学割

骨付き鶏

お品書き

お品書き

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2016年12月3日(土)

 ふう、「残り6連山の1つ目」を金曜日中に上げて土、日と2日連続で朝から峰山に登ろうと思っていたのに、途中で詰まってしまってまだ終わらん。

 今日は朝の7時台から頑張っていて、11時過ぎから気分を変えて第二書斎のクラフトマンズファクトリーに行って原稿の続きに取り組んでいたのだが、そこでマスターと「コーヒーの神」談義が始まり、午後1時過ぎにインタレストを渡すために店に笹木を呼んで、そこで「まあうまいコーヒーを一杯飲んで行けや」と言って(誰の店や・笑)いろいろ情報交換をしていたら、2時半になってしまった。

 3時頃家に帰って、再び原稿に取りかかる。取材したテープ起こし原稿を文章に構築するのだが、たぶん1万2000字くらいにまとまるであろう原稿の、だいたい7000字あたりで詰まっている。なるべく早めに…といつも思っているのだが、日曜日の午前中が最終リミット。もう後がなくなったぞ…などと書いている暇もないのだが、パソコンに向かっていても頭の中で文章構成が堂々巡りし始めたので、一度オールクリアするための手遊びで(笑)。


2016年12月1日(木)

 疲労の蓄積のせいか、昨日の晩は10時頃突然睡魔に襲われ、10時半に寝たら、今朝は4時半に起きてしまった。そこで、小考の後、「ええい、このまま大学に行って一気に仕事にかかってしまえ」と思って、5時過ぎに家を出たのである。

 家内はあとで聞いたら何やら寝付けなくて、朝の4時頃までテレビを見たりジェフリー・ディーバーの『ウォッチ・メーカー』を読んだりしていたらしく、私が家を出る頃には爆睡状態であったため、久しぶりに「中西」で早朝うどんを食べて行こうと思ってちょっと遠回りして店に行ったら、あちゃー、定休日。

 仕方なくそのまま高速に乗って走っていたら、ふと「確か、高瀬の国道沿いのみどり食堂(昔、インタレストで徹夜した時に学生らと早朝に突撃したことのある一膳飯屋)がトラックの運転手仕様で早朝からやってるはずだ」と思い出した。そこで、いつも下りる善通寺インターを通り越して次の鳥坂インターで下りて、国道を走ってみどり食堂に行ったら、あちゃー、早すぎてまだ開いてない! 5時57分に着いたのだが、店内に灯りはついているものの、表は真っ暗でのれんもかかってない。ここで待ってても何時に開くのかわからんので、仕方なく善通寺にとって返し、大学の近くのコンビニでサンドイッチと野菜ジュースを買って、誰もいない真っ暗な校舎に入って研究室に入り、コーヒーを入れてサンドイッチを食いながらネットで調べたら、みどり食堂の営業時間は6時からだった! あと3分で開いたんや!

 という「あちゃー」な1日の始まりではあったが、とりあえず今日も全力の授業を2本こなし、夕方は久しぶりにumieに行って、「残り6連山」の1つ目も半分くらいまで進めることができた。umieではこれまた久しぶりにオーナーの柳沢さん(デザイナー)が店に出ているのに出くわして、一昔前に現役バリバリだったおっちゃん同士ではあるが「ちょっとまた何かやろうと思ってて、また何かで手伝ってください」みたいな話もあったりして、少し元気の出たひとときを過ごさせてもらいました。

***

 それにしても、こないだ笹木から聞いたのと全く同じような話を、今日は柳沢さんから聞いた。詳細はここではうまくまとめられんが、要するに我々の知ってる広告やデザインや編集やマーケティングの業界で、若い子の定着率が異常に低くなっているという話。正社員になっても、我々の世代には考えられないような理由ですぐに辞めるらしい。それも、たかが5年後、10年後の自分ことさえ考えてないような理由で。

 大丈夫なんかなあ。もし他の地域や他の業界でも同じようなことが起こっているとすると、今から10年後とか20年後、かなりまずいことになってたりせんのやろか。そういうお子たちがみんな「その日暮らし」みたいな貧しいことになって、そういう人が異常に増えてきて、すると「格差がどうした」とかいう声が今以上にものすごく大きくなり始めて、金がないのに「金を配れ」という声が激しく挙がり始めて…しかし、配る金を誰が生み出すのかは誰も考えずに…国単位でも稼ぐための成長の種を次々に捨てていってるみたいだし…などということを考えさせられました。

 けど、私ごときが何を言っても、世の若いもんはおっさんの戯言なんかには聞く耳を持たないし、「それならせめてできるところで何かの改革を」と思っても、既得権にしがみついて自分だけ逃げ切れたらいいと思っている旧勢力の方々には疎まれるばかりだしなあ(笑)。ま、何かが起こる頃にはもう私はこの世にいないかもしれないから、もうええか(笑)。向上心と聞く耳と考える意欲のある身近な人たちとだけで、いろいろやってみることにしよ。それで頑張って稼げるようになった子たちから、努力しなかった者が「格差是正だ」とかいって金をむしり取るなよ。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.