麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

サワー100円

釜揚げしらす丼

おとくセット

麺通団アプリ

肉釜玉

骨付き鶏

お品書き

お品書き

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
カルピスバター
3月で終了メニュー
4月〜の新メニュー
釜玉バター
めんたまうどん
明太醤油うどん
明太高菜うどん
お得セット
  メニュー2017
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年5月28日(日)

 土曜日に阪神がホームラン3本で勝ったのだが、それが「糸井6号、福留6号、中谷6号」という、50年近い阪神ファン歴の中でも初めてだと思われる悪魔の「666」であったため、何か不吉なことが起こるのではないかと思っていたら、今日、6点取られて負けた…という日曜日であるが、今日は朝から一日中仕事部屋に籠もって、学生35人分の文章採点と修正に没頭していた。いや、ダービーを見たから言うほどの没頭ではないが。

 私は今、8つある担当授業のうちの1つの「文章表現論」で「商業文章」の講義をしているのであるが、これがなかなかいろんな意味で大変で、未だに試行錯誤の連続なのである。どう大変かというと、

(大変その1)

 商業文章というのは、要するに「場所、施設、人を文章で紹介する」、「物を文章で紹介する」、「人を文章で紹介する」、「事を文章で紹介する」という、まあ社会に出ればプロの記者やライターが新聞や雑誌やネット上に書いている文章、あるいは普通の会社でも企画書や社内報や案内物やポップ等で社員が書くような文章のことを私は指しているのだが、学生にいきなり付加価値のある文章のレクチャーをやってもついて来られないだろうと思ってかなり初歩的な基本から入っていくと、毎年毎年、ほんとに毎年、履修学生の90%以上がその初歩のところから面食らっているのである。

 10年以上やっているから、原因はもうわかっている。要するに、彼らは今までほとんど「僕は…、私は…」という「自分が主語」の作文しか習ってきていないのか、「場所や施設、店、物、人、事」といった「自分以外のものを主語にした文章」の基本的な組み立てとリズムが全く身についていないのである。

 例えば、学校では「自分の体験や考え、気持ち」などを書かせるような作文ばかりやってきているし、「場所や施設、店、物、人、事」を書くのはブログや日記ばかりだから、基本情報の押さえ方もままならないレベルにある。だから、「自分以外のものを第三者に文章で情報発信する」という行為の基本的なスタンスが理解できずに、いきなり面食らうのである。従って毎年、「技術以前のメンタルから説いていかないといけない」という羽目になっております。

(大変その1)

 次に、そこから第二段階で表記の基本的ルールや基本的な文章のリズムの作り方(「ですます調」と「である調」の使い分けや「体言止め」と「用言止め」の使い分けで文章にリズムを作る基本的手法とか、句読点の付け方でリズムを作る方法とか)をレクチャーしていくのだが、そもそも「文章のリズム」などという視点がみんな初耳なので、この段階で7〜8割ぐらいの学生が頭の中に「?」が100個ぐらいできて脱落していく。

 しかし一方で、2〜3割ぐらいの学生は何かに目覚めたようになって、かなり真剣についてくるようになる。すると、たかが40〜50人くらいの教室の中が、「必死でついてくる学生」と「まるであきらめたようになる学生」に二分されてしまうわけです。これが実にやりにくい。なぜか?

 うちの大学では10年ぐらい前から「学生による授業評価アンケート」なるものをやっているのだが、そのアンケート中に「学生の理解度を見ながら授業を進めているか?」という、私に言わせれば「小学校か」みたいな項目がある。しかし、申し訳ないがここは大学であり、特に私はビジネスの現場で使ってきた技術と精神をフルに提供して「伸びようとする学生を伸ばしてやる」というつもりでやっているので、とてもじゃないが全員の理解度をケアすることができんのだ。

 しかし、あんなアンケート項目があるということは、そうしろということなんでしょうね。よって、実に大変(笑)。

(大変その3)

 それでもまあ、なんやかんやで第三段階に入って、次はロジックツリーの作り方や付加価値のある文章表現の基本レクチャーをやって、いよいよ商業文章を書かせてみるのであるが、ここで「熱心な2〜3割の学生」の大半が、「中途半端なプロの定番表現」の世界に勝手に入っていくんです(笑)。

 例のあれ。「店内は白を基調とした明るい雰囲気で…」とか「新鮮な瀬戸の幸をふんだんに使った…」とか「ジューシーでフルーティーな…」とか、「○○が絶品!」とか「○○は必見!」とか「最高!」とか(笑)。もちろん、「人の情報発信」も「事」の情報発信も、そういう「魂の抜けた形だけの商業文章」にすぐに毒されていく…というのが、私の授業を通しての実感です。もちろん、そういうのでも60点はあるんだけど、「差別化された付加価値」はゼロ。二流、三流の仕事なら格好だけはつけられるだろうけど、「人を動かす文章」には使えんだろうなあ…というレベルの文章で、そこまでは何とか数人が到達するというのが、今の「文章表現論」の授業の実情です。

 これが少数精鋭の授業で時間をかけることができれば、一流半ぐらいの即戦力にできるような気もするけど、90分の授業が15回で、しかも40人もになると(去年は60人、多い年は90人ぐらいいたこともある)、どうしても総花的なレクチャーになってしまうのが悩みの種。うちは基本的に履修制限ができないルールらしいので、「やる気のある学生10人まで」とかいう授業にできなくて、毎年軽く苦悩しているわけです。

 まあ、「学生にそこまでのレベルを求めるのは酷だ」と言われるかも知れんが、大学は高校じゃない、最高学府なんだし、わずか数年後にはみんなプロの世界に出ていくんだから、プロのレベルの技術と精神を学べるようなシステムやプログラムがもうちょっとあってもいいんじゃないかと。他の大学はどうなのか知りませんが。

 ちなみに、レベルの高い文章表現というのはある意味特殊能力の世界だから、学生全員ができるようになる必要はありませんが、今まで10数年の授業の中でたった一人だけ、私の基準で「付加価値のある文章が書ける即戦力だ」という学生がおりました(今、何の仕事をしてるのか知りませんけど)。それが今年、もう1人か2人、いそうな気がしています。とりあえず、その「一番上」の学生たちのテンションが下がらないように、何とかうまいこと授業をやっていく所存ではあります(笑)。あ、ダービーはスワーヴリチャードから欲を掻いて100円で10点も流して620円勝ったので、今度「がもう」で天ぷら3つ取ってやる。


2017年5月25日(木)

 昨日の夜スイッチが入って3時間以上も掛けて作っていた授業準備の新規データが昨日中に完成しなかったので、今朝は授業の4時間も前に大学の研究室に入って続きに没頭して、3時間近く掛かってようやくまとまったのに、授業に入ったら流れがそこまで至らずに、結局使いませんでした(笑)。ま、こういうのはよくあることで、いずれどこかで使うことがあるだろうし、万が一使わなくても集めたデータからいくつかの新しいメッセージが見つかったから、自分の中で貯めておけばそれで十分。ネットで遊んだりゲームしたりするよりは有意義な時間を使ったと思っておこう。

 今日はお知らせを一つ。『うどラヂ』の収録をサボって東京に行っていたらしいリビング高松の谷本ねえさんから電話があって、「6月3日(土)4日(日)の2日間、サンメッセ香川でリビング主催の夏の大フリーマーケットをやるんですけど、『インタレスト』を置きません?」とのことで、二つ返事で話がまとまりました。当日、会場に『インタレスト』最新号を腰が抜けるほど持って行きますので、申し込みが面倒くさいと言う人は、香川県最大級のフリーマーケットを楽しむついでにタダでどんどん持って行ってください。ただし、数が少なくて「え? もうないの?」いうて腰が抜けるかもしれんけど。あと、誰も取ってくれずに「丸ごと残ってるやん」いうてこっちの腰が抜けるかもしれんけど。ついでにバックナンバーの余ってる号も持って行くので、ご家族ご近所見知らぬ人お誘い合わせの上、ぜひお越しください。両日とも10:00〜16:00までやってるそうです。じゃ、明日の授業もちょっと直前準備がいるので、今日はこれだけ。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.