麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

クレジットカード

サワー

3色つみれ

麺通団アプリ 
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
値上げ
お持ち帰り
カルピスバター
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
メニュー韓国語
獺祭>
   
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2018年4月20日(金)

 今朝がもうに行ったら、日記を更新せざるを得ない事態を抱えてしまった。なんと、この日曜(4月22日)の13:25分から放送される『パネルクイズ・アタック25』に、ガモムスが出演するというのだ。いや、1ヵ月ぐらい前にガモムスから「アタック25の予選を通った」という話を聞いてはいたのだが、放送日が明後日だというのは今日初めて聞いた。

田尾「で、どうやったんや」
ガモ「それは言えません。守秘義務があるんで」
田尾「守秘義務がある?」
ガモ「あれ、優勝者当てクイズみたいなのがあるんで、オンエアまで結果を言うたらいかんのです」
田尾「えらい! 昨今、自分が知ったことを人に言わんとおれん、病気みたいなやつが続出する中、守秘義務をきちんと守るというのは実に素晴らしい」

 というわけで、結果をほのめかすようなことは一切聞いてないので、お暇な方はぜひ番組をご覧いただき、ご感想等を『うどラヂ』にでもお寄せいただければ、それをサカナに一本録れるかもしれんという魂胆です(笑)。


2018年4月19日(木)

 上原から「“情熱”を持って2日連続日記を書く」という件名で励ましのメールが来たので、「想定外は底なしである」ということを知らしめようと「3日連続更新」してやろうと思っていたのだが、情熱はあっても「毎日更新」という戦略が伴っていないので(笑)そうはいかんのである。「心を入れ替えて頑張ろうと思ったが、入れ替える心がなかった」みたいな話である。違う気もするが。

 さて、今日の3限目は「印刷情報加工ワークショップ」という授業であった。これは「『差別化された付加価値のある情報をピックアップして読者の興味を引く』という情報発信の基本の一つを体感させる」という目的を持ったワークショップで、履修学生を数人のチームに分け、私の出したテーマに沿ってそれぞれの学生チームが企画、取材(撮影、インタビュー、アンケート、データ収集等々)、編集(キャッチコピー、写真のキャプション等を含む原稿制作と、大まかなレイアウト)を行い、それをA3の印刷物に仕上げるというものである。

 ただし、「みんなで力を合わせて作品を作ることに意義がある」という学芸会みたいなレベルの物は、社会に出たら「商品」として通用しないので作らない。まず、企画〜編集段階では企画と編集のプロとして私が関わり、仕上げはデザインのプロの松本君に手伝ってもらって、最終的には「そのままどこかの雑誌に載っても通用する」というレベルの作品を目指して仕上げることにしている。言うなれば、『インタレスト』の初歩講座みたいなものである。

 ちなみに、今まで取り組んだテーマは「総本山善通寺を紹介する」「こんぴらさんを紹介する」「四国学院の学食を紹介する」「四国学院の『人』をテーマに企画する」「四国学院大学のいろんなものを新入生にガイドする」「四国学院大学の周辺情報を紹介する」…等々。授業なのであまり遠くに取材に行けないため、近場の何かをテーマにせざるを得ないのだが、するとネタも尽きてくるので、今年は「第2回・こんぴらさんを紹介する」というテーマで(ま、毎回履修学生が変わるので同じテーマでも問題ないし)、先週、履修してきた学生のチーム編成を終え、今週から企画の案出しに入ったのである。

***

 まず、数年前にやった「こんぴらさんを紹介する」というテーマの時に各チームが取り組んだ企画は、こんなものであった。

Aチーム「裏参道原生林の道 徹底ガイド」…こんぴらさんの原生林は国の天然記念物にも指定されている貴重な森で、その中を散策する「裏参道」もきれいに整備されているのに、そっちを通る観光客は1%もいないという現実にスポットを当てた。
Bチーム「こんぴらさんの夜」…取材班(学生)がこんぴらの参道〜石段で夕方から翌朝まで徹夜し、そこで何が起こるのかを撮影しながら徹底調査(笑)。
Cチーム「こんぴらさんの寄付金調査」…こんぴらさんの参道の両脇にズラッと立っている「一金参拾万円 山田太郎」とかいう寄付者を名前と寄付額を書いた石の柱を全部チェックして、総額や多額寄付者番付等々のデータを引っ張り出す(笑)。
Dチーム「こんぴらのガイドさん口上集」…こんぴらさんで団体客を案内しているガイドのおっちゃんとかにこそっと付いて行って、ガイドさんのしゃべっている内容を全部録音して文字起こしする。

 なかなか変な切れ味があるでしょ(笑)。その他、「こんぴらさんにある像やオブジェの徹底取材」「こんぴらのとっておきグルメ体験レポート」「こんぴらさんの珍妙なおみやげトップ10」といったその辺の情報誌レベルの企画も含めて、前回は10チームぐらいが取り組んだ。まあ授業だし、プロがサポート入るといっても素人の学生だから完成度の低い作品で終わることも多いが、中にはそのまま雑誌や新聞やテレビやネットに載せても十分耐えられるレベルまで作り込むチームもあるという、そんなワークショップである。

 で、過去の企画をみんなに紹介して、目指すべきレベルとテイストをザッと掴んでもらって、今日から各チームの企画ミーティングのサポートに入ったところ、いきなり1チーム目で事件(笑)が起こりまして。

***
田尾「企画の案が出たチームはチェックしてやるぞー」
N原(まだみんなのキャラが掴めてないので今のところ伏せ字に)「先生、とりあえず2人で5つほど企画案を考えたんですけど」
田尾「どれどれ、1つ目は何や。『こんぴらのかいだん』?」
K林「階段と怪談を掛けてあるんですけど、こんぴらさんにまつわる怪談とか心霊スポットとかパワースポットみたいなのを集めようかと」
田尾「ダジャレありきの企画か(笑)。けど、こんぴらにそんなんあるか?」
N原「こんぴらの関係者とかお店の人とか住んでる人に聞いて回って探そうかと」
田尾「出てこんかったらどうする?」
N原「出てこなかったら…」
田尾「出てこないことを想定して、ゲリラ手法を一つ教えてやろか。例えば、きみらの知り合いの中から『私は霊感が強くていろんなものが見える』とかいう女の子を見つけてくる。ま、男の子でもええけど。ほんでの、その子にこんぴらの参道から原生林から隅々まで徹底的に歩いてもらって、『ここ、何かおる』いうスポットを無理矢理10カ所とか挙げてもらって、それにランキングでも付けて発表する」
K林「うわ、おもしろそう!」
田尾「ほんで、タイトルに『四国学院で2番目に霊感の強い○○ちゃんが指摘した、こんぴらさんの霊感スポットベスト10』とかつけたら、ピックアップの根拠もきちんと提示できて、誰からも突っ込みが入らない(笑)」

 と、まあそんな感じで一つ一つの案について解説しながら検討していたら、最後に「こんぴらさんの占い師」とかいう案が出てきた。もちろん、彼ら学生2人が出してきた案。

田尾「何じゃこれは。こんぴらさんに占い師やおったか?」
N原「いるんですよ。4人か5人ぐらい」
田尾「ほんまかー? 俺、何回も取材で行っとるけど、参道に占い師が出とんの見たことないぞ。どこにおるんや」
N原「いや、普通に石段登ってたら、いますよ」

 私はにわかに信用できないまま、しかし、もしかしたら最近になって登場しているのかもしれないので、そのまま話を進めてみた。

田尾「占い師を取材して人物紹介するんか?」
K林「いや、ただの人物紹介じゃなくて、占いが当たるかどうかを検証したり…」
田尾「全員に同じことを占ってもらって、結果を比較するか?」
N原「そんな感じで」

 などと展開はしてみたものの、今ひとつ切れ味が鈍い感じが否めないので、同じ「こんぴらさんにいる“人”の紹介として私が代案を出してみた。

田尾「こんぴらの“人”を紹介するんなら、他にもテーマになりそうな人はおるぞ。例えば、大門をくぐったところで飴を売ってるおば…じゃなくてお姉さんとか」
N原「そんな人がいるんですか?」
田尾「こんぴらで飴を売っているお姉さんいうたら、昔から金比羅の名物やぞ。『五人百姓』いうて、和傘を差した和風の台を並べて『加美代飴』いう名物を大昔から売りよる人たちや。けど、『五人百姓が加美代飴を売っている』いうのは公式ガイドにも散々紹介されてきてるけど、あのお姉さんたちにスポットを当てた紹介はほとんど見たことがない。俺に言わせたら、あの姉さん軍団は『こんぴらさんのももクロ』言うても過言でないぐらいのスターなのに、今まであんまりスポットが当たってない」
N原「ほんまですか!」
田尾「いや、ちょっと過言したけど(笑)。けど、あの『五人百姓が加美代飴を売っている』という設定はかなり展開の可能性があると思うぞ。例えば、定期的にミスなんとか大使みたいに『第何代五人百姓』とかいうのを募集して、衣装も揃えてユニットで売り出したら、飴の売り上げも伸びるかもしれんし、五人百姓グッズとかにも展開できる」
K林「なるほど、そうやって考えるんや」
田尾「ちょっとネットで画像検索してみ? 五人百姓の写真、いっぱい出てくるぞ」

 と言ってそこで画像を引っ張り出した時、その事件(笑)は起こった。

田尾「ほら出てきた。その和傘の台が並んでるところに座ってるお姉さんたちが五人百姓」
N原「あ! これですよ! こんぴらの占い師!」
田尾「占い師ちゃうわ! 飴売ってるんや」
N原「えーっ! あの人ら、占い師じゃないんですか!」 

***

 インターネットとSNS全盛の昨今、大人たちが放置してたら、若者の間で何か変なことが起こりつつあるようですよ皆さん(笑)。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.