麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

サワー100円

忘新年会2016

麺通団アプリ

肉釜玉

肉そぼろ釜玉

生ハム

骨付き鶏

お品書き

お品書き

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年2月22日(水)

 私の日記のチェック担当のSさんから「やっと更新してくれたんですね。いつまで“Sさん”が出たままなのかひやひや…」というメールとともに、「信号機の数は、柱一本が1基じゃなくて、交差点の1セットが1基なん知ってました?」というプチ情報をいただきました(ちなみに、Sさんはそっち方面の専門家)。へっへっへ、それは知ってた(笑)。よって、昨日の日記中にあった「うどん店700〜800軒、信号機2116基」というのは、信号機の本数にしたら「うどん店700〜800軒、信号機約8000本」となります。

 ちなみに、2006年12月に発行した『インタレスト』第2号で、「香川のうどん店は信号機の数ほどある」とか「電柱の数ほどある」とかいうトンデモ情報を検証し、「うどん店・約820軒、信号機・約8100本、電柱・約17万本」というデータを発表しております。ただし、日本で初めて信号機が付いたのは大正8年の東京上野、電柱が初めて立てられたのは明治初頭らしいけど、香川のうどん店(うどんが食べられる店)はたぶんそれより前からあったから、信号機と電柱の数が増えていく途中のどこかの時点で、「うどん店と信号機(電柱)の数がピッタリ一致した瞬間」があったことは確かだと思います(笑)。まあいずれにしても、うどんタクシーのおじさん、試験に通ったのならもうちょっと正確な情報発信をしないと(笑)。

 というわけで、またSさんをひやひやさせることになったけど、じゃあ情報発信絡みでもう一つ、小姑みたいなめんどくさい指摘をしてお茶を濁すことにしよ。

 ちょっと前に四国新聞に載った、お店紹介の記事。

***

(見出し)
うどん一福 まちなか店
細麺にあっさりした味わい

(本文)
 小麦の香る細麺に、あっさりとしただし。高松市国分寺町の「うどん一福」の味が街中で楽しめるようになった。
 「かけ」(一玉200円)は、だしにイリコではなく、ウルミとサバを使い、あっさりした味わいにしている。「肉うどん」(一玉430円)は、肉の余分な油を取り除き、うどんの味を引き立てる。
 客の要望に応えてオープンした2号店。営業時間は10・0〜15・0。土曜定休。高松市南新町8の3。<087(863)6110>。

***

 国分寺の一福が高松市の南新町商店街に支店を出したという短い紹介文。私はこれを読んで、「20年前のタウン情報誌で私が書いていた、あるいは教えていた商業文章とずいぶん変わってしまったんだなあ」と、しばし考え込んでしまいました。つまり、
(1)今の時代はこれでOKなのか…
(2)新聞という媒体ではこれでOKなのか…
という2つの視点から、もう昔のタウン誌でやってた私の文章のセオリーは違うのかなあ…と思ったわけです。

 例えば、

@こんな短い文章の中に、「あっさり」という言葉が見出しも含めて3つも出てくる。私は「繰り返しによる特別なリズムやニュアンスを出すという意図がある場合を除き、短い文章の中に同じ言葉を何度も使うな。なるべく1回だけにしろ」と教えてきたし、自分でもそうやっていた。

A「小麦の香る細麺」というような表現は、一見うまいこと書いたように見えるけど「魂」が抜けているので私は使わないし、「なるべく使うな」と言ってきた。理由は、自分が食べたら小麦が香ってこないし、読者が食べに行ってもたぶん小麦は香らないからである(笑)。たぶん、一福に行ってうどんを食べた人の中で「あ、ここのうどんは(他店より)小麦が香ってくる」と思った人は、よっぽど小麦の香りを意識しているマニア以外はいないでしょう。要するに、どこかで見た「うまい(うまく見える)表現」を安易に使うな、という話です。

B「ウルミ」というのはほとんどの読者が聞いたことのない名称であるから、知らない言葉を使うのなら、それが何であるかがわかるような短い形容詞等を必ず付けるように私はしていた。私も調べたけど、「ウルミ=インドの武術で使われる武器」しか出てこなかった(笑)。まさか「ウルメ」の間違いじゃないでしょうね(笑)。

C「だしにイリコではなく、ウルミとサバを使い」という表現は、「イリコ」にはいろんな意味や状態が含まれており、「ウルミ(?)」と「サバ」はピンポイントの名称だから、並列に並べるのはMECEでないので、私は表現を変える。

D「楽しめる」というぼやっとした具体的でない表現は、私はなるべく使わない。

E「かけは、だしにイリコではなく、ウルミとサバを使い、あっさりした味わいにしている。」と、「肉うどんは、肉の余分な油を取り除き、うどんの味を引き立てる。」の2文はそれぞれ、主語と述語がねじれているから読むと違和感がある。こういうのは、一文の頭と終わりだけをつなげてみると、違和感がよくわかる。
「かけは、あっさりした味わいにしている。」
「肉うどんは、うどんの味を引き立てる。」
とつなげたら、おかしいのがわかるでしょう。

F「客の要望に応えてオープンした2号店。」は、言い切っちゃダメです。経営者が大きなリスクを負って出店する理由が「客の要望」より「自分のビジネス判断」が優先であることは常識ですから、もし店主がそう言ったとしても、書き手がそのまま言い切っちゃダメです。

Gそれより何より、この店の一番の他店との差別化ポイントは「あっさりとしただし」でも「ウルミ(?)とサバ」でも「肉の余分な油を取り除いた肉うどん」でもない。私の知る限り、一福の最大の差別化ポイントは「エッジが立ってざらついて伸びのある細麺」です。情報誌は「紹介する店、場所、人、事の一番の差別化ポイントを見出しに付け、一番の差別化ポイントを中心に文章を構成する」というのが鉄則ですが、これでOKが出たということは、新聞はそうではないのかもしれません。

 あと、表記については

H時間表記はどの媒体もたいてい「10:00〜15:00」と書いているのだが、「10・0〜15・0」とナカグロ(中点)で表記しているのは、私がやってた時代にはたぶんなかった。もうそういう時代になっているんですか。

I<087(863)6110>という、カッコが付いている数字をさらにカギカッコでくくるという表記も、私がやってた時代にはたぶんなかった。もうそういう時代になっているんですか。

 などという、私のやってた時代とはずいぶん違う「お店紹介記事」だったので、ちょっと話を展開してみました。なにぶん古い人間のセオリーで書きましたので、「もうそんな時代じゃない」と言われるかもしれませんが、年寄りの戯れ言としてご容赦ください。

 ちなみに、「じゃあ、お前ならどう書くんだ」と言われても、私は「人を動かす情報発信」の畑でやってきた「情報誌型文章の書き手」なので、新聞の情報発信の目的(書き方)がよくわからないからたぶんうまく書けません。でも、ここまで書いたら逃げられんので(笑)、探り探り、元の原稿の構成と文字数に合わせて昔の私のセオリーで整理すると、こんな感じですか。

***

うどん一福 まちなか店

伸びとキレが自慢の細麺

 高松市国分寺町の人気店「うどん一福」の2号店が、高松市南新町商店街にオープンした。キレのあるエッジと手作り感に満ちあふれた表面のざらつき、そして伸びのあるしなやかな細麺。「かけ」(一玉200円)のだしはウルメとサバを使った一福ならではの独特の味わい。店主自ら店頭に立ち、国分寺一福のままの魅力が「まちなか店」に再現されている。
▽営業時間/10:00〜15:00
▽定休日/毎週土曜
▽住所/高松市南新町8の3
▽電話/087(863)6110

 うーん、どうも一福に真面目な文章はフラストレーションが溜まるなあ(笑)。仕方ない、「ゲリ通」バージョンをもう一本。

***

うどん一福 まちなか店

国分寺の「一福」が南新町うどん激戦区にオープン!

 「奇跡の細麺」で大人気の一福が、ついに南新町うどん激戦区に進出した。店は当面本店の大将が入って腕を振るうと言うから味は保証つきだが、「客の要望に応えて出店した」という大将談には疑問の声も噴出している。今のところ、大将の親友と言われて迷惑しているH谷川氏の「そんなに高松で遊びたいか」というコメントが最も有力なので、営業時間終了後の大将の行動に注目だ。

***

 こんなの絶対新聞に載せられんわ。


2017年2月21日(火)

 2月はいきなり15回ぐらい更新する勢いで入ったのだが、そうはいかん(笑)。

 さて、昨年チラッと既報の通り、昨年末に韓国のKTVという国営ケーブルテレビから「讃岐うどんを紹介する番組を作るので、インタビューを受けてくれないか」という依頼を受けたのですが、その番組が完成して韓国で放送されたそうで、担当の方から映像データが送られてきました。昔、オーストラリアの放送局の讃岐うどんロケを受けた時、あとでオーストラリアから送られてきた映像データが私のパソコンではどうにも再生できずにお蔵入りしているのですが、今度のはちゃんと再生できました。

 でも、再生できたものの、番組は音声も文字も全部韓国語で何を言っているのかさっぱりわからん。そこで、とりあえず映像だけ見ていると、どうも50分の食べ歩き番組のようで、韓国のマーケットやミカン狩り園みたいなところを次々に紹介していました。この流れでどうやって香川のうどんに来るの? と思っていたら、30分ぐらい経った頃、突然飛行機が雲の上を飛ぶ映像が流れて、取材班が高松空港に到着しました(笑)。

***

 そこで、まず空港の流しみたいなところの蛇口からうどんのダシを飲んでる韓国人が映り、うどんパスポートをもらっている韓国人が映り、空港のコンシェルジュみたいな女性のインタビューが映りました。その女性は日本人ですから当然日本語でしゃべっているわけで、それがそのまま流れていたので初めて聞き取れたのですが、その女性がこんなことを言っていました。要約するとナニなので、きっちり文字に起こしますね。

(コンシェルジュのような女性談)
「讃岐には昔からうどんの文化がありまして、うどんをPRすればいいんじゃないかとかいろんなことを考えていたんですね。その中で、うどん県を出した翌年から、それまでは香川県に来られる観光客数がだいたい800万人台だったんですけど、17年は900万人台で推移してます。ずーっと観光客数は上り調子です」

 なるほど、「うどん県」のPRキャンペーン以来、観光客数がずっと上り調子になったということか(笑)。

 えーと、讃岐うどん巡りブームが最初のピークに達したのが、2000年〜2002年頃です。そこから高値安定期に入って、2006年の『映画UDON』でもう一山来て、それが落ち着き始めた2009年に「瀬戸大橋通行料金の土日1000円」が始まってまた一山来た。それが2011年に「土日1000円」が終わって以降、讃岐うどん巡りブームは元の2000年代の高値安定レベルに戻ったまま現在に至る…というのが大きな流れです。で、「うどん県キャンペーン」が始まったのが2011年です。まあ、空港のコンシェルジュの方は県から「うどん県キャンペーンが讃岐うどんブームを起こした」みたいにレクチャーされているのかもしれませんけど、その位置づけをお間違いなく(笑)。

***

 続いて韓国の取材班は、うどんタクシーに乗りました。そこで、うどんタクシーの運転手のおじさんがこんなことをしゃべっていました。

(うどんタクシーの運転手談)
「香川県のうどん屋さんの数はね、この信号機あるでしょ、信号機より多いです。うどん屋さんの数の方が多いです。150はあると思いますよ。(ここでうどんタクシーのことを聞かれたんだと思う)そうですね、筆記試験、それと実技。まあ実技っていうのは車に乗って、まずお客さんを乗せた設定でいろんなうどん屋さんへ巡っていくという。これが受かりますと、次にうどんを打って終了です」

 あちゃー、おじさん、「香川のうどん屋は信号機より多い」と言い切っちゃった。しかも香川のうどん屋が「150軒」って。香川のうどん店の数は今、たぶん700〜800軒ぐらいあります。私がタウン誌を辞めて以降、残ったスタッフが「2004年に811軒」までは調べていましたが、その後の経営陣がきちんとしたデータ収集をやめてしまったので、たぶん今は誰も実数を把握していないと思います。で、香川の信号機の数は、2015年データで2116基です。うどん屋の3倍くらいあります。うどんタクシー、どんな試験してるんだろう(笑)。

***

 さて次に、韓国取材班は「中野うどん学校」へ行きました。校長の「まっちゃん」こと松永先生が相変わらずのフルパワーで韓国人観光客にうどん作り体験を指導した後、インタビューを受けていました。

(松永校長談)
 うどんを何でこんなに有名にしたか言うたらやっぱり、本を書いた人がおるんですね。うどんのいろんなことを。田尾先生という先生が書いて、それでもう日本全国有名になりました。それからうどんの映画もできました。外国の方までもうインターネットとかテレビとかで知られてこられてます。

 校長ー、歴史をきちんと押さえてるー(笑)。

 失礼しました。その後、私の「製麺所がついでに食べさせてくれるようなうどんがレジャーとしておもしろい、という情報発信をしました」という主旨のインタビューが流れて、最後に「三徳」の大将がインタビューに出て、

(三徳の大将談)
 あと、ここまで有名になったというのは、田尾さんですね。田尾さんが火付け役いうか、そういう感じですね。まあそれはあると思いますね。まあ香川県がね、県とかあと高松市がね、やっぱり力を入れてますのでね。

 というコメントで、10分くらいの讃岐うどんコーナーが終わりました。どうでしょう(笑)。

***

 ちなみに、この日記を書くためにネットで香川の信号機の数を調べていたら(すぐ出てきました)、「Yahoo知恵袋」でこんなのを見つけました。

(質問)
香川県はうどん屋のほうが信号より多いというのは本当ですか?

(ベストアンサーに選ばれた回答)
確か去年かめっこどんどんという催しがあったのですがその中のクイズでそのような質問がありました。香川県のうどん屋さんの数はうるおぼえですが900数十軒だったように記憶しています。(間違っていたらすいません)信号の数は言っていたのですが忘れました。(申し訳ありません)回答はうどん屋さんの数がおおかったようにおもいます。自分も讃岐に生まれ育って三十数年、確かにうどん屋さんの数は多いです。個人的には香川東讃方面より中讃〜西讃方面のほうが多いようにおもいますけど・・・

(質問した人からのコメント)
すごいですね!さぬきうどん、本当においしいです。香川は人も優しいし、気候もよくて最高ですね。ありがあとうござい、あした。

 何か、うどんタクシーの運転手もネットの中も「あちゃー」なことになっている(笑)。みんな、数字を挙げる時はちゃんと調べたりしないのかな。調べないなら調べないで「わかりません」で黙っておけばいいと思うんだけど、何で調べたらすぐわかることを調べないままうろ覚えで(「うるおぼえ」じゃない!)発信するかなあ…という、情報発信の基本がいろんなところで劣化しているのをまた再確認したというお話。ミスがあるのは人間だから仕方ないけど、みんな、情報を発信する時はなるべく数字やファクトを調べましょうね。で、曖昧だったら「発信しない」という我慢ぐらいできる大人になりましょう…と学生たちには教えているんですが。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.