麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

クレジットカード

ハイボール100円

釜揚げしらす丼

おとくセット

麺通団アプリ

肉釜玉

骨付き鶏

お品書き

お品書き

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
カルピスバター
10月〜の新メニュー
カツカレー
けんちんうどん
肉そぼろ釜たま
山菜きのこうどん
モツ煮込みカキフライ
4月〜の新メニュー
釜玉バター
めんたまうどん
明太醤油うどん
明太高菜うどん
お得セット
  メニュー2017
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年12月6日(水)

 別件の大事な用事で上原に電話をしたら、「それはええですから早よ日記を更新してください。推敲もせんと出したメールがずっと晒しもんになってるのが辛いです(笑)」という、人生の優先順位は人それぞれであることを再認識させられるコメントが返ってきたけど、ここ2週間ほど黒部ダムの岩盤ぐらい強固な(掘ったことないけど)「原稿の袋小路」に入って苦しんでいるので、一本ネタを書く余裕がない。よって、「今日の私」を羅列してお茶を濁しておこう。

9:30 昨日、遅くまで仕事を頑張りすぎて朝は少々出遅れたので、大学に行く前に増井米穀店に行く。店に入ると、おっちゃんとおばちゃんが「そば」をたくさんビニール袋に入れていた。うどん大とちくわ天を食べ終わって、ちょっと話しかけました。

田尾「年末はそば、ようけ作るんですか?」
おっ「機械が故障してな…」
おば「全部手で作りよるから」
おっ「昔はな…1600も作りよったけど…腰も悪うしたから…もうよけはできんで…」
おば「できるだけしかできんから、ようけ頼まれても断りよん」

 今日はたぶん店が開いてすぐぐらいに入ったから、一番釜か二番釜ぐらいのうどんを食べました。讃岐うどんはこの20年で店もうどんもどんどん“都市化”してきたけど、増井は昭和のまま。しかも、何かどんどんうまくなってきている気がする。いい朝でした。

10:10 大学の研究室に入る。今日は午後からのインタレストの授業だけなので、明日の授業2本の資料づくりと進行チェックと、岩盤にぶち当たっている重い原稿にとりかかる。

12:30 隣のインタレスト編集室に電気がついていたのでのぞいてみたら、新編集長の馬渕がこないだ上がったばかりのインタレスト24号のメール申し込みの宛名書き作業をやっていた。そこで、ちょっと手を止めさせて、次号の全体構成の打ち合わせをする。先週の編集会議で次号の特集候補が4本上がっているのだが、魅力的な一冊になるかどうかを俯瞰して検討。作業員時代は担当特集に専念していればよかったけど、編集長になると常に「全体の完成予想図」を意識してないといけない。学生は生まれてこの方、たいてい「言われたことを一生懸命やる」ということばかりやってきているので、「完成予想図を描いて、そこから作業手順に落とし込む」という思考に慣れてない。けど、馬渕ほどの向上心があれば大丈夫だ(馬渕に読まれることを想定した一行・笑)。

13:00 昼飯に、ニューヨーク帰りの西岡の差し入れのチョコレートを一粒。

13:30 インタレストの編集会議。2年半の大仕事を終えた4年生の谷と笠井はサポート役に回って、編集長馬渕、副編集長瀬野以下、3年生と2年生の新体制がスタートしている。昨年に増して、スタッフのキャラはなかなか濃い(笑)。濃いのが集まってくるのか、インタレストをやっていると濃くなってくるのか、たぶん後者(笑)。

15:00 編集会議終了。「インタレスト希望メール」の中に「わかめうどん・大島家」の大将(通称「アルベルト」)からの申し込みがあったので、その場で私からアルベルトの携帯に電話をして「今から僕が持って行きますわ」言うたら、「4時から病院に行かないといけないんで店は今日は休んでるんですけど、母がいるので預けてくれたら」とのこと。そこで、雑務を済ませてインタレストを一箱(200部)車に積んで、15:30に大学を出た。

16:10 大島家に到着。お母さんに挨拶してインタレストを納品して、すぐそばのクラフトマンズファクトリーに行って、なんとかマウンテンのコーヒーを飲みながら、パソコンを開けて重い原稿に取りかかる。

17:00 こぢんまりとした静かな店内に私一人になって原稿に没頭していたら、キャップを被って濃い顔をしたおじさんが一人入ってきて、私に近づいてきた。誰かと思ったら…アルベルトやないの。

アル「あ、田尾さん、本、ありがとうございます」
田尾「え? もう病院から帰ってきたんですか?」
アル「うん」
田尾「病院行く言うたから、何か、えらい心配しながら来たんですけど、どこが悪いんですか?」
アル「肝臓と腎臓が悪くて、病院に連れて行ってたんですよ」
田尾「え? 連れて行ったって、大将が病気なんちゃうんですか」
アル「うちの犬がね」

 アルベルト、ピンピンしてます(笑)。それから大将もコーヒーを注文して、20分ぐらい四方山話をして解散。それから家に帰ったら、アマゾンで注文してた『ゴルゴ13』が2冊届いていました。で、メシ食って風呂入って、『ゴルゴ13』を1冊だけ読んで、再び仕事に取りかかって、今、夜の23:30。

***

 という一日でした。重い原稿、とりあえず岩盤だけはぶち抜いて進み始めました。週末、日曜日中には何とか。


2017年11月26日(日)

 こないだ、上原から来た連絡メールに小ネタを一つ付けて返したら、「私ごときへのメールに力を入れていただくのであれば、ぜひとも日記を更新していただいて、そのネタにしていただければと思います。私ひとりへのネタにするのはネタの無駄遣いです(笑)」というお叱りの返信が来たので、上原に送ったネタでなくて、上原からお叱りの返信が来たことをネタにしよう(笑)。

 しかし、上原からお叱りの返信が来たことをネタにしようとしたら上原に送ったネタをネタにしないと始まらないので、とりあえず上原に送ったネタを要約することにしよう(どないやっちゅうねん)。

 こないだ、ある行きつけの店に行ってあるメニューを注文したら(メニュー名で店が絞られそうなので伏せておいて)、いつもは店員が持って来るところ、店長が自ら持ってきたので「どしたん今日は、御大自ら(おんたいみずから)」と言ったら、その若い店長が「御大自ら」という表現を知らなくて軽くすべったという話を上原への返信に付けたのである(まあ、日記ネタにするようなレベルの話でないと思ったので)。そしたら、上原からの返信(無断転載)。

***

私はこの言葉を高校生のころに田尾団長の言葉で知りました。今のところ、私の人生で田尾団長以外の人の口から「御大自ら」という言葉が発せられたのを聞いたことはありません(笑)。普通の人はめったに使わない言葉なんだと思いますが、私は団長の影響で使うようになりました。

ちなみに、私は高校生のころ「脚色」を知らずに「着色」と言ってしまい、「色をつけてどないする」とツッコまれて初めて「脚色」というを知りました。ついでに思い出しましたが、私が投稿で「上へ下への大騒ぎ」と書いていたネタを掲載の段階で団長に「上を下への大騒ぎ」と修正され、そこでもひとつ正しい言葉を覚えました。人生で必要な国語力は文化人講座とホットカプセルで学びました。たぶん、私と同じような40歳代以上は香川県に山ほどいると思います。

 いやあ、私がやってた過去のあんなオバカタウン誌(やや謙遜)がお役に立っていて何よりです(笑)。けどまあ確かに、「御大自ら」なんて、私の周りでは、希にまだ使う年配の方がいらっしゃるが、若い子にはもうほとんど通じんのだろうなあ。ちなみに、たぶん上原が私から聞いた「御大自ら」のエピソードはこれだと思うので、ついでにここで歴史に残しておこう。

***

 あれは忘れもしない1980年代のいつだったか(忘れとるやないの!)、あー、久しぶりに使うフレーズ(笑)、あと「忘れようとしても思い出せないいつだったか」というわけのわからないフレーズもあるが、いずれも「笑いの文化人講座」の奇才、猫山先生の名作である。で、その1982年か83年の、『タウン情報かがわ』が創刊して間もない頃のある日のことである。

 当時、弱小出版社を始めたばかりの我々は、毎月25日発売の前日に、業者に委託するお金がないので社員が全員で手分けして県内数百店の書店に配本に回っていた。編集長の私ももちろん、朝から高松市を出発して綾南〜満濃〜琴平〜善通寺〜多度津〜詫間〜高瀬〜豊中〜観音寺〜豊浜というコースで、丸1日かけて60軒以上の配本をしていたのであるが、何しろ少人数で本を作っていたので、最初の頃は「発売日当日(25日)に配本」とか、ひどい時には「発売日翌日(26日)に配本」という月があるという、定期刊行物にあるまじき発行状況が続いていたのである。

 ところが、ありがたいことに『タウン情報かがわ』は創刊後、「笑いの文化人講座」の編集企画がヒットしてたちまち人気になり、配本に行くと本屋で中学生や高校生が何人も待っていて、本の束を解いたら本棚に並べる前に売れていくという状態になった。本屋さんからしょっちゅう、「みんな、まだか、まだか、言うて何回も来てくれとんよ」と言われながら配本をしていたという、今では考えられないようなシーンが続いていたのである。

 そんなある日、25日に豊浜のH谷川書店に配本に行ったら、店主のおっちゃんから声をかけられた。

おっ「よう遅れるのう」
田尾「すみません。一生懸命作りよんですけど、なかなか間に合わんで。すみません」
おっ「おまん(お前)とこは何人で作っりょんや」
田尾「6人です」
おっ「なんとか! たった6人とか!」
田尾「はい」
おっ「そら、おまんみたいな配る人も入れて6人か?」

 私は早よ次の店に配りに行かないかんので、「僕、編集長です」とも言わず、

田尾「はい」
おっ「そら大変やのう。頑張れよ」

 という会話があって(笑)、その場を短く切り上げたのである。

 翌月、今度はついに25日に本が出来上がらず、発売日を1日過ぎた26日に配本するという大惨事になってしまった。当時、私は週1で西日本放送ラジオの昼の3時間ぐらいの生ワイド番組に出ていたのだが、H谷川書店はいつも店内に西日本放送ラジオを流していて、おっちゃんはいつもそれを聞きながら店番をしている。そこで、1日遅れでH谷川書店に配本に行ったらこんな会話が。

おっ「また遅れたんか」
田尾「ほんまにすみません」
おっ「おまんとこの編集長、ラジオによう出よるやろが。『ラジオにや出んと早よ本作れ』言うとけ」
田尾「わかりました。帰って言うときます」

 俺、もう完全に「配る人」(笑)。
 
 という扱いをされていたH谷川書店に、翌月、配本に行った時である。この月もまた25日配本になったので、また何か言われると思って私は覚悟を決めて、明るく大きな声で「こんちわー、タウン情報かがわですー」と言って店に入った。すると、おっちゃんが私を見ていきなり、

おっ「お、御大自ら」

 先月まで「配る人」やったやんか! 

 ちなみに、周辺情報によると、どうやら奥さんがおっちゃんに「あんた、毎月本持って来よる子、あの子、編集長やで」と教えたらしい(笑)。

 というエピソードを時々しゃべっていたのが、私及び『タウン情報かがわ』周辺のお子たちが「御大自ら」を覚えてしまった大きな原因ではないか? というのが私の想像である(長かったな)。

***

 さて、そういうわけで、気の早い方はすでに申し込みをいただいておりますが、こちらはまだ発行日が遅れたことが数回しかない(あるんかい)『インタレスト』の申し込み案内を忘れていましたので、いつもの案内をコピペしておきます。いつものように冊子は無料ですが送料のみ「着払い」でご負担いただくことになっておりますので、それでもOKという方は、

●メールでのお申し込み………interest@sg-u.ac.jp
●ハガキ等でのお申し込み……765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1 四国学院大学社会学部情報加工学メジャー「インタレスト編集部」宛

(申し込みの必要記入事項)
●送付先の住所、氏名(架空住所不可)
●年齢(詐称可)
●職業(偽証可)
●気の利いた一言(割愛可)

という段取りでよろしくお願いします。今回の特集は、

(1)“針の穴場”の個性派公園探訪記「跳! B級公園マニアックス」
(2)インタレスト初のフライングレポート「遊覧飛行」
(3)読売新聞と四国新聞の全ページ広告を徹底調査「新聞広告の35年・数と業種の変遷大調査」

の3本立て。前号は全編文字と数字だらけでチンペイに苦行を与えてしまいましたが、今回は(3)の新聞広告企画以外、写真だらけです。読者層が掴みにくくて(『インタレスト』は「高校生への大学PR」と「社会へのメッセージ」と「担当学生の教育の一環」という微妙に両立が困難な複数の目的を持っているので…)いろんな弾を撃っていますが(笑)、何卒温かい心でお楽しみいただければ幸いです。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.