麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


営業再開のお知らせ

今月のお得

お持ち帰り
カルピスバター
クレジットカード

レモンうどん

豆乳キムチうどん

山菜うどん

サラダうどん

麻婆丼

麺通団アプリ 
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
さぬきうどん未来遺産プロジェクト
香川の誇る食文化「さぬきうどん」の歴史と今を、未来へ。さぬきうどんの忘れ去られつつある過去の真実を徹底発掘し、未来に繋いでいくプロジェクトです。

讃岐うどんクーポン
       
お持ち帰り
カルピスバター
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
メニュー韓国語
獺祭>

   
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2020年5月26日(火)

 3カ月半の休養を明けて体重マイナス2キロで久しぶりの出走であるが、絞って仕上げてきたのか、勢いが戻らないままの出走なのか、判断の難しいところではある(笑)。日記は休養しているが、仕事は全く休養していないどころか想定外の面倒がいろいろ降りかかってきたのだが、そんなことは私だけでなく、多くの皆さんがよく似た状況に見舞われたのではないかと思う。

 というわけで、6月1日発行予定の『インタレスト』2020early号(通巻29号)は、昨年12月に企画会議を終え、1月〜4月上旬あたりまでに情報収集(取材、データ収集等)を終え、並行して3月中旬〜4月いっぱいで編集作業を行い、並行して4月中旬から5月中旬でデザインと校正…といういつものスケジュールで進めようとしたところに、まさかのコロナが直撃。取材と編集が佳境に入る3月下旬になって突然「3密禁止」という大惨事に見舞われ、「県内外に出かけるような広域の取材ができない」「密な編集作業やミーティングもできない」という状況になってしまったのである。国や大学の方針が云々…などという話は切羽詰まってない評論家の方々に任せておいて(笑)、こっちはとにかく与えられた状況下で最大限の付加価値を出さねばならないため、
@クライシス・スーパーバイザー(専門知識と判断能力を持つリーダー)に「全権限」を与え、
Aクライシス・スーパーバイザーの打つ対策の実行に「強制力」を持たせ、
B対策は「早く」「大きく」行う。
という、師匠に教わった「エマージェンシー対応の3つの鉄則(これをやらないと、あとは何をやっても“祈るしかない”という局面に突入する)」に従って、29号の特集構成を早急に立て直すことにした。

 まず、『インタレスト』の制作に関する権限と強制力は私にあるから(笑)、上記「3つの鉄則」のうちの@とAはクリア。次に、対策を「早く、大きく」やるために、編集長と副編集長だけを編集室に集め、ドアと窓を全開にして、2m離れて、マスクをして、いつもより小さめの声で(笑)、今後の方針を検討した。

 「できるものは1号前から取り組んでいたら締切が楽になる」という過去の教訓から、今回は同時進行で7本の企画の取材やデータ収集が進んでいたのであるが、その中からまず、「最後まで取材するのが困難」ということで第一特集に予定していた大物企画の作業をストップし、次号以降に回すことに決めた。第一特集の担当学生たちは「甲子園出場が決まってたのに大会がなくなった」みたいなことになるが、そんなことで目標を見失って自暴自棄になるような教育はしてないので大丈夫だ(笑)。というか、むしろみんな「面倒な作業がなくなってラッキー!」ぐらいにしか思ってないような気がするが、それはそれで教育的にどうか? という疑問の声が今、私から挙がりました(笑)。

 で、続いてその他の企画について、今後の取材活動を最低限にして特集規模を縮小することを決定。いつもは2〜3本、多くても4本の特集で1冊を構成するところ、1本を小さめにして「5本立て」で行くことにし、残りの取材と編集作業は全員でゴチャゴチャやるのをやめて首脳陣を中心に少数精鋭で仕上げることにしてミーティングをわずか30分で終了し、腹が減ったので3人で飯山の「なかむら」に行って、開放感に満ちあふれた屋外席に2m開けて背中を向けて座って、「かけ大」とゲソ天と鯛ちくわ天を食べて解散した…というのが3月の末のことであった。

 で、それから獅子奮迅の切り盛りをした結果、何とか休刊することもなく、合併号とかにすることもなく、再放送みたいな使い回し号にすることもなく(笑)、6月1日発行予定で今、印刷製本工程に入っております。

 今回の特集5本のラインナップは、

「2020年春/香川の顔はめパネル図鑑」
ほんとは四国4県を網羅する計画だったのですが、残念ながら香川だけに縮小して(ちょっとだけ高知も入れて)、しかしかなり網羅的に探し回って、香川県内で50パネル以上発見しました。

「記憶スケッチシリーズ/魂のうどん脳」
久しぶりの突撃記憶スケッチシリーズ。今回は県下老若男女100人に「うどん脳を描いてください」とお願いしたところ、いつものように驚愕の「うどん脳」(笑)が続出しております。いつものお笑い座談会に加え、「うどん脳」作者の岡谷画伯のコメントと賞も頂いております。

「釜あげ表記大調査」
香川のうどん店500軒、全国のうどん店200軒について、「かまあげうどん」の表記が「かまあげ」なのか「釜あげ」なのか「釜上げ」なのか「釜揚げ」なのか…そのあたりを調べ上げて傾向を分析。世界中で誰も試みたことがないけど人生の役に立つとは思えないという、いつものインタレストテイストの企画です。

「決算書を見ようシリーズ/数字で見る、香川の公立病院」
あまりにおバカな企画ばっかりになったので急遽取り組んだ特集ですが、数字を整理しているうちに病院決算の謎がいくつも出てきて、深入りすると何かいけないものに触れそうになったので、表面的な数字の紹介と軽い「問題提起」だけで逃げ…じゃなくてまとめました(笑)。あとは志あるジャーナリストの皆さんにお任せしますのでよろしく。

「心の眼で見る/五百羅漢そっくりショー」
四国4県に「五百羅漢」の像(当然500体)のあるお寺がいくつかあって、その五百羅漢像は一つ一つ顔もポーズも違っていて「必ず誰かに似ている顔が見つかる」という言い伝えがあるので、4つのお寺に行って2000体の羅漢像の写真を撮ってみんなでチェックしたところ、望外の収穫がありました。久しぶりに「タモリ倶楽部」を出し抜いたかもしれません(笑)。

***

 というわけで、間もなく出来上がりますので、ご希望の方はいつものように、
(Eメール)interest@sg-u.ac.jp
(ハガキ等)〒765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1 四国学院大学社会学部情報加工学メジャー「インタレスト編集部」宛
にお申し込みください(郵送料は「着払い」なのでご了承を)。ちなみに毎号、せっかくお申し込みいただいたのに受け取られずに返送されてくることがありますが、申し込まれて2週間ぐらい届かないことがあれば、また催促してみて下さい(発送作業はかなりアナログな家内制手工業でやっていますので、何とぞご容赦を)。


2020年2月11日(火)

 こないだの昼、ご飯も欲しくないしパンも欲しくないのに何か口寂しいので台所を物色していたら「どん兵衛天ぷらそば」が出てきたので、「数年ぶりに食べてやるか」と思って封を切って小袋を出して湯を入れて3分間待って、フタを剥がしてチラッと見て捨てようとしたら、横にいた家内が「はいはい」と言って剥がしたフタを取って紙のゴミ入れに入れようとしたので私は言いました。

田尾「それ、プラスチックのゴミちゃうん」
家内「これは紙のゴミ」
田尾「フタに『プラ』って書いてたのが見えたけど」
家内「ほんまー? ツルツルしとるけど紙のゴミのはずやで…」

と言いながら確認した家内が言いました。

家内「『天ぷら』の『ぷら』や!」





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.