麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

サワー100円

釜揚げしらす丼

おとくセット

麺通団アプリ

肉釜玉

骨付き鶏

お品書き

お品書き

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
カルピスバター
10月〜の新メニュー
カツカレー
けんちんうどん
肉そぼろ釜たま
山菜きのこうどん
モツ煮込みカキフライ
4月〜の新メニュー
釜玉バター
めんたまうどん
明太醤油うどん
明太高菜うどん
お得セット
  メニュー2017
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年11月11日(土)

 ふえ〜、インタレストの編集があと1ページになった。

 今回は、10月29日に第一特集と第二特集合わせて18ページのデザイン発注を完了。11月を待たずしてあと第三特集の4ページを残すのみになるという、創刊以来最速の進行をしていたのだが、悪い予感が当たってしまった。

 第三特集は過去の新聞広告を調査するという企画で、学生チームは夏休みから手分けして図書館で新聞の縮刷版を総計7万ページめくり、8500件を超える広告(全ページ広告だけ)を拾い出してきていた。それを、年度別、業種別に分類し、数を数えて推移グラフ化して傾向を浮かび上がらせようという作業に入ったのだが、案の定、集めた8500件の情報に不備や抜けがあり、この2週間、あわや「7万ページめくり直しか!」という大ピンチに陥っていたのである。

 それが、責任感あふれる笠井編集長、溝淵副編集長たちの獅子奮迅のカバーもあって(当編集部では「部下のミスは上司がカバーする」という文化を養ってきているので・笑)、本日夜10時、ついにあと1ページに漕ぎ着けたのである。「全部できてから日記書かんかい!」というお叱りには、「君ら、一辺同じ目に遭うてみい。あと1ページで終わりが見えた時にプチ油断したくなる気持ちが身に染みてわかるわ」と言っておこう(泣)。

 あと、余談ですが、過去の新聞広告調査を始めるに当たって、全部の新聞はとても調査できないので、全国紙は発行部数の一番多い読売新聞、地方紙は地元四国新聞に絞って調べようということになって、数カ月前、学生たちが学内の図書館に行ったわけです。そしたら、うちの大学の図書館には朝日新聞と毎日新聞の縮刷版しか置いてなかった。はい、意図あってかどうか知りませんが、“そっち系”の新聞だけしか置いてなかったんです(笑)。大学って、結構そっち系の最後の生息場だという話は聞いていたんですが、もしそういう意図が働いているのだとしたら、逆に朝日新聞の古い縮刷版を置いていたらいろんなことがバレてまずいんじゃないですか?(笑)

 いかんいかん、いらん心配せんと、早よ最後の1ページに取りかかろ。


2017年10月25日(水)

 昨日一日、プチ油断モードで考えを巡らせていたら、突然何かが降りてきて、1月10日までに越えないといけない三山のうちの1つの「インタレストの第二特集」の完成予想図が一気に組み上がった。故・桂枝雀師匠がよく言っていた「緊張と緩和」の真意のたぶん一部を体感したような気がする。今思えば、当時は「緊張と緩和」の「言葉の意味」はわかっていても「実感」として捉えられていなかったのだけれど、こういう小さな実感をちょっとずつ積み重ねながら、おそらく師匠の言葉の真意であろうレベルを10とすると、何となく4か5くらいまで到達しつつあるのではないかと自分では思っておこう(笑)。

 そういうわけで、じゃあ選挙つながりで(もうええか)、希望の党の議員たちが議員懇談会で小池さんに「比例代表の名簿リストが理不尽だ」というクレームをつけていたという話を受けて、10年ぐらい前にここで書いた私の意見を再掲。

***

 比例代表制というのは説明するまでもなく、要するに「政党支持者の一票をなるべく死に票にしないために、立候補者個人ではなく支持する政党に投票する。政党は比例代表の名簿を作り、その獲得票数に応じて名簿上位の議員から当選者を決める」という仕組みであるが、その代わり、

・党内においては、「名簿の順番」で揉め事が起きることが結構ある。
・有権者にしてみれば、「政党を支持はしたけど、あんな奴が議員になるのか。選挙区で落ちたのに、あんなもので復活当選になるのか」という不満が結構出てくる。

というデメリットがある…というのが一般的によく言われていることである。

 じゃあ、比例代表は各政党に対し、得票数に応じて「議員数」を与えるのではなく、「議決権」だけを与えればいいじゃないか、というのが私の意見である。

 例えば、比例代表で3人当選分の票を獲得した政党があれば、その政党は名簿から3人を当選させるのではなく、国会で3人分の議決権を与える。そして、国会で議決があるたびに、政党内で「その3票をどう使うか」を決めればいいじゃないかと。すると、「死に票」の多くは救われるし、「選挙区で支持されなかった候補者がゾンビのように復活する」なんてこともなくなるし。それで困るのは「選挙区で落ちても比例で救われるような議員」だけじゃないですか? もし、「それで有能な議員が議席を失うと、政党として困る」という政党があるなら、それは「議員」としてではなく、政党のお金で「ブレーン」として雇えばすむことでしょう。

 まあ、比例代表を「議員」ではなくて「議決権」の付与にするという仕組みを提案なんかすれば、いろんな反対意見(私に言わせれば反対のための言い訳)が噴出するでしょうが、それらを組み入れて多少修正したとしても、今の比例代表制よりはかなりマシなシステムになると思うのですが。

***

 などというまたいらんことを書きながら「インタレスト」の第三特集の情報収集チェックをしていたら、恐れていたことが発覚しました。学生たちが夏休みの間に手分けして集めた膨大な量のデータに、やり直しの恐れがあるレベルの不備があることが判明!(一斉に「またかい!」のツッコミよろしく・笑) そういうわけで、笠井ー(編集長)、今週の土日、どっかの図書館にカンヅメになるかもしれんぞー。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.