麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


角ハイ100円

連休2019

ステーキ

クレジットカード

わかめうどん

麻婆丼

麺通団アプリ 
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
お持ち帰り
カルピスバター
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
メニュー韓国語
獺祭>
   
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2019年1月15日(火)

 1月も知らん間に15日になってしまったからには、私の頭の中のちっちゃいH谷川君の要望に応えて「団長が今年行ったうどん屋」を発表しておかねばならない。おかんでもええとは思うが、手っ取り早い日記の更新ネタがこれしかなかったから仕方がない。

1月4日…おか泉(鍋焼きうどん、いなり2コ、おでん2本)
1月7日…はりや(釜揚げ天ぷらうどん大)
1月9日…がもう(釜かけ大、小エビのかきあげ天、あげ)
1月10日…山越(かけ大、ちくわ天、半熟卵天)
1月11日…田村(かけ大、ちっちゃいちくわ天2つ)
1月13日…大円(天ぷらぶっかけ・温、いなり2コ、おでん2本)
1月15日…郷屋敷(かやくうどん)

 どうだ。いや、どうだと言われてもどうか。とりあえず、このラインナップから「今年の団長の讃岐うどんに対する並々ならぬ志」を酌み取っていただけただろうか。ま、かく言う私も必死で酌み取ろうとしてみたのだが、難解である(何じゃそら)。

 しかし、難解ではあるが一つだけ、今年はちょっと、半年ぐらいかけて「讃岐うどん界の次の局面についての探り」を入れなければならないと思っているのである。だって、「讃岐うどんテーマパーク」たる香川の讃岐うどん界は数年前から明らかに停滞気味だと思われるのに、行政も組合も業界もメディアも、未だに20年近く前にピークを迎えた讃岐うどん巡りブームの財産を食っているばかりで、誰も次の局面に対して手を打たないどころか、考えてもいないように見えるんだもの。

 でも、私は昭和の人間だから、私の考える戦略なんてもう現代には通用しない部分が多いので、お遊び程度に考えることにする。よって、40代以下の若い世代の行政や組合や業界やメディアの人や有志の人たちに「必死で考えて実行してくれ」と年頭に言っておく。ただし、「地域活性化のカギは情熱だ」などと言うやつとか、本質的な戦略論から入らずに枝葉のイベントやPRから入るようなやつは、何もしなくてよい(笑)。

 というわけで、今年の「印象に残ったうどん屋でのシーン」ランキングの1月15日現在第一位を発表して、お茶を濁しておきます。1月11日の朝、田村でうどんを食っていた時に、次のうどんのゆであがりを待っていた常連客らしいおっちゃんと大将の間で交わされた一瞬の会話。

大将「あ、そやそや。今年の12月31日はどしても行かないかん用事があって休むけんな」
おっ「わっせるわ!」


2019年1月1日(火)

 ちなみに昨日の「合理的に考える」という話は、「論理的に考える」のとは私の中では根本的に別のものである。例えば、ちょっと前に何かの新聞で見た「教員の過労を解消するには、教員の数を増やすしかない」という論調の記事だったか投稿だったかを例にとってみると、こういうことである。

 その主張は、
@日本の教員の多くは、労働時間が過労死ラインを超えている。
Aしかし、仕事は山積みである。
B従って、労働時間を短縮した上で仕事を全部こなすためには、教員を増やすしかない。
という感じの論旨だった。

 これをわかりやすく数字に置き換えると、

・仕事が「10」あるところに、教員が8人しかいない。
・従って今、1人が「1.25」の仕事を抱えている状態である。
・しかし、一人の仕事量は「1」が妥当である。
・すると、一人の仕事量を「1」にして「10」の仕事をこなすには、10人の教員が必要である。

というロジックである。これはまあ、論理的には「一つの解」として成立するだろうから間違いではないし、実際、こういうロジックを教員の過労問題の「正しい解」として主張しているマスコミや識者や政党もたくさん存在するから、たぶんこれが世の中の主流的考え方なんだろうと思う。

 一方、私が常に心がけている「合理的な思考」は、入り口の時点で「問題点と解決の方向性をMECE(ダブりなく、もれなく)に分類する」ことが出発点である。すなわち、

(現状の問題点)
・仕事が「10」あるところに教員が8人しかおらず、1人が「1.25」の仕事を抱えている。

(到達すべき目標)
・一人の仕事量を「1」にする。

(目標達成のための方法)
●A案…「10」の仕事に対し、教員を10人に増やす。
●B案…教員は8人のままで、仕事を「8」に減らす。

 普通、誰が考えても方法はこの2つですね。さらにもっと言えば、

●C案…仕事を「5」に減らし、教員も5人に減らす。

という方法もある。もちろん、「仕事7、教員7人」でも「仕事6、教員6人」でも「仕事4、教員4人」でも、一人の仕事量を「1」にするという目標は達成できるわけで、それらの複数の選択肢を並べて「どれが目指すべき形なのか?」を一つずつ検討することから始めるのが、「MECE」で合理的な問題解決の手法である。

 ちなみに、「日本の教員の多くは、労働時間が過労死ラインを超えている」というニュースを聞いた時の私の第一感は、上記B案またはC案の「仕事を減らしたらええやん」でありました。理由は、学校というのは基本的に学問を教えるところなのに、今の小中高校って、たぶん「家庭で親がやるべきこと」や「子供が自分でやればよいこと」や「それは警察の仕事だろう」ということまであれもこれも抱え込んでしまっていると思うからです。加えて、「大して役に立たない、ただのアリバイ作りみたいな事務作業」や「紙かメールで済むようなレベルの報告しかないのに招集する会議やミーティング」等々も相当あるんじゃないかと推測したもんで(笑)。

 まあ、役人的思考はほとんど「拡大、増殖」しか考えないという構造的性癖があるから、自ら縮小の方向に向かうことはないんでしょうね。しかし、それなら少なくともマスコミや識者や政治家は、何も考えずに役人思考と一緒になって短絡的に「教員を増やすしかない」に走るんじゃなくて、さっきの「誰が考えても方法はこの2つ」のうちのもう一つの「肥大化した仕事を減らせるんじゃないか?」という話をきちんと調べて提示すべきじゃないのかと思うわけです。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.