麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


レモンサワー100円

ステーキ

クレジットカード

わかめうどん

麻婆丼

麺通団アプリ 
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
お持ち帰り
カルピスバター
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
メニュー韓国語
獺祭>
   
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2019年6月3日(月)

 『インタレスト』27号も無事発刊され、我が編集部は先々週あたりからもう28号の企画会議に突入している。授業だから休みなしである。

 企画会議は最初に履修学生30人くらいが1人1本以上の特集企画案を持ち寄り、合計数十本出てくる有象無象の企画案をみんなで絞り込んでいくのであるが、前回の企画会議で「香川の鳥居を徹底的に集める」という案を出した齋藤と湊に「どうやってその企画案をひねり出したんや」と聞いたら、「二人でカラオケに行って『水戸黄門』を歌いよったら画面に鳥居が出てきて、これ、いけるんちゃうか? ということで…」という返事が返ってきたので、私は「えらいっ! カラオケ中でもインタレストの企画のことが頭にあるというのは、できるビジネスマンの世界に片足入っとる! 父ちゃんはうれしくて涙が出るぞ!」と褒めてやったのである。もちろん、「若い男2人がカラオケで水戸黄門かよ」というツッコミもちゃんと入れておいたのだが、そうやってみんなだんだん「ビジネス脳」が芽生えてきているのがなによりである。

 その「企画案持ち寄り会議」に、2年ぐらい前から「ふるさと納税の返礼品を調べたらどうでしょう」という案が何度か学生から上がってきた。それに「返礼品の何を調べてどう見せるんや」と突っ込んで行くと、「返礼品の全リストを作って、それをもとに何かの切り口でデータ化したりランキング化してみる」とか、「すごい返礼品、面白い返礼品、変な返礼品を紹介する」、「何かでアンケートを採って人気ランキングを作る」…等々の展開案が出てきたので、私はみんなと一緒に「ふるさと納税」の制度の原点から整理をしてみたのである。

 まず、「ふるさと納税の理念」は総務省のホームページに書いてある。再掲すると、こういう内容である。

***

 ふるさと納税制度は、「生まれ育ったふるさとに貢献できる制度」、「自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度」として創設されました。自分の生まれ故郷に限らず、どの自治体にでもふるさと納税を行うことができますので、それぞれの自治体がホームページ等で公開している、ふるさと納税に対する考え方や、集まった寄附金の使い道等を見た上で、応援したい自治体を選んでください。

<ふるさと納税の理念>

ふるさと納税で日本を元気に!

 地方で生まれ育ち都会に出てきた方には、誰でもふるさとへ恩返ししたい想いがあるのではないでしょうか。育ててくれた、支えてくれた、一人前にしてくれた、ふるさとへ。都会で暮らすようになり、仕事に就き、納税し始めると、住んでいる自治体に納税することになります。税制を通じてふるさとへ貢献する仕組みができないか。そのような想いのもと、「ふるさと納税」は導入されました。

<3つの意義>

第一に、納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。それは、税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。
第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。それは、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。
第三に、自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。それは、選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。

 さらに、納税者と自治体が、お互いの成長を高める新しい関係を築いていくこと。自治体は納税者の「志」に応えられる施策の向上を。一方で、納税者は地方行政への関心と参加意識を高める。いわば、自治体と納税者の両者が共に高め合う関係です。一人ひとりの貢献が地方を変え、そしてより良い未来をつくる。全国の様々な地域に活力が生まれることを期待しています。

***

 読んでてもちっとも面白くない文章ではあるが(笑)、これが一応「ふるさと納税制度」の出発点ということになっている。「理念」だけがあって、具体的な「目的」や「達成目標」がないのは行政の施策の常であるが(そこがのちの混乱やトラブルの元だ)、まあ一応趣旨だけはわかる。つまり、この制度の主体となる「個人」と「自治体」の役割としては、

(1)「個人」は、(寄付という形で)納税の一部を「応援したい自治体」に振り分けることができる。
(2)「自治体」は、個人に対して自らの取り組みをアピールすることで、ふるさと納税を呼びかける。

の2点である。

 ところが、2008年に制度が始まったら、「自治体」は「自らの取り組みをアピールすることでふるさと納税を呼びかける」のではなく、「返礼品で客を釣る」という「理念にそぐわないこと」をやり始めた。すると、「個人」も「自治体への思いや自治体の取り組みに賛同して寄付先を選ぶ」のではなく、「返礼品を目当てに寄付先を選ぶ」という「理念にそぐわないこと」をやり始めた。そして、それがどんどんエスカレートしてきたので、これはまずいと思った総務省が自治体に対し、
・2017年…「返礼品調達額を寄付額の30%以下にする」という目安を通知。
・2018年…「返礼品は地場産品に限る」という指導を通知。さらに、「過度な返礼品を規制する法律を作る」ことを表明。
という制度の修正を繰り返したら、ご存じのように泉佐野市が返礼品にアマゾンのギフト券を贈る「100億円還元キャンペーン」をぶち上げるなどして反旗を翻し、賛否両論が飛び交う今日のドタバタにつながっているわけである。

 そこで、我々編集部は検討した。

田尾「つまり、制度の趣旨は、自治体が個人に対して寄付が集まるような取り組み(行政施策)をアピールし、個人はそれを見て自分の思いに沿った自治体へ寄付(ふるさと納税)するということのようである。すると、『インタレスト』で情報を集めるとすれば、正攻法は何だ?」
学生「全国の自治体の『寄付を募るための取り組み(行政施策)』を紹介する」
田尾「健全かつ原則に沿ったインタレストの企画としては、そうなるわな。じゃあ、この制度における返礼品というのは何だ?」
学生「制度の本来の趣旨を歪めているもののような気がしますが…」
田尾「ということは、我々が返礼品情報を集めて発信するというのは、理念にそぐわない活動を助長することになる」
学生「わかりました。返礼品紹介はやめましょう」

 という話になって、企画はボツになったのである。

***

 たぶん、そういうことだと思う。「ふるさと納税制度」というのは、本来の趣旨から言えば「返礼品」を出す必要などないのである。返礼品を付けなければ寄付が集まらないのなら、それは「自治体が、みんなが寄付したくなるような魅力的な施策を打ち出せていない」というだけの話である。そして、それを解消するための正攻法は「みんなが寄付で応援したくなるような魅力的な施策を打ち出す」ことである。すると、「返礼品」はどう考えても「ふるさと納税制度の趣旨を歪めてゴタゴタを起こす元凶」なのである。

 それなら、今のふるさと納税の返礼品を巡るゴタゴタを解消するには、「返礼品を禁止すればよい」ではないですか。返礼品を禁止すれば昨今の国と自治体の醜い争いもなくなるし、「魅力的な政策で競争する」という制度の本来の姿に戻るんだもの。

 ちなみに、この騒動の中で「税収の地域格差是正のために、ふるさと納税制度を縮小させるような規制強化はよくない」という主張を耳にしたが、税収の地域格差是正は「地方交付税交付金」でやればよいのである。百歩譲って「地方交付税交付金では個人の意志が反映されない」というなら、現行の「ふるさと納税制度」を返礼品なしでやればよいのである。それで「ふるさと納税」をする人が激減するのなら、それだけの効果しかない施策だったということである。それなら、「返礼品」などという本来の趣旨を歪めるような姑息な手段を持ち出すのではなく、正直にあるがままの結果をもとに判断して制度をやめる方がずっと健全だと思う。

 蛇足ながら、H29年度の寄付総額は約3653億円とあったが、H29年度の税収総額は約100兆円(うち、国税が約60%)ある。金額ベースだけで言えば、ふるさと納税はそのうちの約0.3%がどこかの自治体からどこかの自治体に移動しただけである。そんなお金の醜い奪い合いに現を抜かす暇があったら、税収が減った自治体も増えた自治体も、無駄に膨れ上がって借金だらけの行政を健全化し、本来の行政の役割を洗い直すことに専念すべきである。


2019年5月29日(水)

 ちょっと開いたかな(笑)。

 いや、あれから日記を吹っ切ってみたら、仕事ははかどるわ本は読めるわ人間は穏やかになるわで(笑)、こらええ感じやと思ってこのままフェイドアウトしようかと思っていたのに、インタレスト発刊の告知をこの日記でしかやってなかったことに気がついたので一応業務連絡をせないかん。

 そういうわけで『インタレスト』27号は無事6月1日に発刊できることになりましたので、例によってご希望の方は
●手紙かハガキ…765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1 四国学院大学社会学部情報加工学メジャー「インタレスト編集部」宛て
●eメール…interest@sg-u.ac.jp
でお申し込みいただければと思います。今回は、

<第1特集>香川の観光素材大改造計画「妄想会議」
<第2特集>KAGAWA TORII COLLECTION

の2本立てです。 まず第1特集はインタレスト初のオバカ提案企画で、「できない理由を述べる人たちの声が大きいことが最大のできない理由だ」というメッセージを込めて、でもあまり込めすぎると人間が穏やかにならないので(笑)全体を「カッコ笑い」で包んだ新企画です。項目だけ列挙しますと、

@サンポート〜屋島山上・ロープウェイ計画
A津田の松原・本気の白砂青松計画
B栗林公園・令和の大増築計画
C飯野山・裾野大拡張計画
Dカラフル三角山・大集合計画
Eため池・絶滅危惧種テーマパーク計画
F太古の森・恐竜王国計画
G朝日山森林公園・B級オブジェの殿堂計画

 加えて番外で「うどん県でもっと遊ぼう座談会」をくっつけました。なかなか大バカヤロウなラインナップですが、少々笑えて発想のトレーニングにもなると思いますので、どうぞご期待ください。続いて第2特集の「鳥居コレクション」はおなじみのインタレスト「イナゴ軍団」の人海戦術企画ですが、こっちもかなりぶっ飛んでいますので、人生の役には立ちませんが何かのネタにはなると思います。

 ちなみに、「申し込みがめんどくさいけど読みたい」という方は、6月の第一週くらいでいつものようにインタレスト配布にご協力いただいている人気うどん店のがもう、山越、なかむら、清水屋、大島家をはじめ、たぶん県下10数軒のうどん屋さんに置いて回りますので、取りに行ってうどん一杯食って帰っていただければ幸いです(笑)。

*****

 さて、日記を止めて3週間目ぐらいからT山や和D、U原、A藤、G息、D々あたりから「どしたんですか?」というチェックが入り始めて、「忙しなってちょっと休んどったらえらい仕事がはかどり始めたんで、何かそのままにしとんや(笑)」と返事をしておいたのだが、そのうち『うどラヂ』にまで「日記が長期止まっています」というお便りが来始め、山越の奥さんから「お客さんから田尾さんの何かが止まっとるきんどしたんやいうて聞いとってくれ言われたよ」と言われ、しまいに大学のオープンキャンパスで来場した高校生に授業内容とかの説明をしていたら同席していた親御さんから「ところで、先生の日記が止まってるのは何でですか?」と言われるに至っては、経緯を簡単に説明しておかないわけにはいかない。いや、おかなくても皆さんの人生には何の影響もないとは思うが。

 実は、今年の1月下旬から3月中旬にかけて、創刊以来(ちなみに1982年の『月刊タウン情報かがわ』創刊以来)最大の苦悩を余儀なくされる原稿の締切に追い込まれていたのである。詳細は『うどラヂ』で仕方なくしゃべったが、とにかくそこで思い切って日記を止めて仕事に専念してみたら、ことのほか仕事がはかどることが判明したため(当たり前じゃ)、そのまま仕事に没頭することにしたのである。そして3月20日頃、20年にわたって苦しみ続けて来た重い重いライティングの仕事をついに完了し、この20年で最大の解放感に浸ろうと思ったら、続いて直ちに『インタレスト』の編集作業が佳境に入ってしまったのである。

 そこで、日記を書かなければ仕事がはかどることに味を占めた私はそのまま日記を止めて脇目も振らずに作業に取り組んだところ、ゴールデンウィーク明けに編集作業がほぼ終わったのであるが、そこで再び「このまま日記をやめたら、いろんなものが健康で穏やかで快適に進むのではないか?」という考えが頭をもたげてきて(笑)、しばらく惰性で日記を止めていたら冒頭の「仕事ははかどるわ本は読めるわ人間は穏やかになるわ」でいろんなものが健康で穏やかで快適に進み始めたので、このまま「身の回りの気心の知れた人たちとの誠実で建設的な対面的関係だけに専念して余生を送ろう」と思いながら今日に至っていたのであった。でも、『インタレスト』の発刊告知がたぶんあと何回かある。どうしよう(そんなちっちゃいことか!)。

 というわけで、この数ヵ月間、折に触れて一応気になるニュースや話題のチェックはしていたので、結構たまっている小ネタの中から一つ。こないだの3月、四国新聞にこんなニュースが載った(年寄りの「こないだ」はそのあたりだ。私が子供の頃、うちのじいちゃんの「こないだ」はたいてい日露戦争の話だった・笑)。

***

(見出し)
瀬戸芸を機に地域再発見
四国学院大でシンポ
北川さん、平田さんが対談

(リード)
 善通寺市文京町の四国学院大(末吉高明学長)で17日、瀬戸内国際芸術祭総合ディレクターの北川フラムさん、劇作家で同大客員教授の平田オリザさんをパネリストに迎えたシンポジウムが開かれた。参加した市民ら約70人に対し、2人は4月26日に開幕する瀬戸内国際芸術祭やアートが地域に与える影響などについて語った。

(本文)
 シンポジウムは、同大のアートマネジメント公開講座として開催。「地域の未来、アートの可能性」と題して行われた。北川さんは瀬戸芸に関して講演し、過去の芸術祭で取り組んできたことなどを説明。「日本は海の国。歴史的にもアジア各国とつながってきた」とした上で、2016年に開かれたアジア各国の美術関係者や行政の担当者らが集う「瀬戸内アジアフォーラム」では10の国と地域、26団体が参加したことなどを紹介した。

 続いて2人の対談があり、北川さんは瀬戸芸の影響で「小豆島は人口が増えてきた」と報告。平田さんは「瀬戸内の多島海にアートが関わり、地域の魅力の再発見につながっているのではないか」と話した。また、日本とアジアとの関わりについて、平田さんは「韓国の7人に1人は日本に来たことがある。若い世代にとって国境はないに等しい」と述べ、北川さんは「日本のアート市場は没落し、若いアーティストがアジア各国で活動することも増えてきた。ただ、芸術祭というブランドイメージはまだ保たれているので、面白い企画を展開していきたい」と意欲的に語った。

***

 新聞は出来事や人のコメントを抜粋要約して載せるので全てを信じるわけにはいかないが、もしこの記事が全て本当なら、北川フラムさんの「瀬戸芸の影響で小豆島の人口が増えてきた」という報告はあまりにも明らかな間違いである。こんな数字は県の基本データを見ればすぐにわかることであるが、念のために数字を上げておく。

<瀬戸芸が始まった平成22年と直近の平成31年の市町別人口の増減ランキング>

順位  市町名  (22年1月) → (31年1月)(増減率)
 1位 宇多津町   18192 →  18990  104.4%
 2位 高松市   419361 → 419844  100.1%
 3位 丸亀市   110787 → 109514   98.9%
 4位 多度津町   23517 →  23027   97.9%
 5位 三木町    28456 →  27373   96.2%
 6位 善通寺市   34790 →  32432   93.2%
 7位 綾川町    24965 →  23111   92.6%
 8位 坂出市    56002 →  51517   92.0%
 9位 三豊市    68968 →  63252   91.7%
10位 まんのう町  19301 →  17640   91.4%
11位 観音寺市   63196 →  57720   91.3%
12位 直島町     3377 →   3063   90.7%
13位 さぬき市   53774 →  48078   89.4%
14位 琴平町     9992 →   8720   87.3%
15位 小豆島町   16196 →  14104   87.1%
16位 東かがわ市  33869 →  29405   86.8%
17位 土庄町    15284 →  13258   86.7%

 こんな数字を見るまでもなく、小豆島は瀬戸芸以降で最も人口を減らしている地域なのである。さらに、瀬戸芸の主会場とも言える直島も10%近く人口を減らしている。従って、誰が見ても「瀬戸芸の影響で小豆島の人口が増えてきた」という報告は間違っている。

 そこで考えられるのは、

@北川さんともあろうお方がそんな明らかに事実に反するような発言をするはずがないので、新聞記者が発言を間違って要約したのかもしれない。けど、もしそうなら北川さんが記事に対して抗議しているはずだけど、新聞に訂正記事が載ったのは私は見ていない(見落としたのかもしれないが)。
Aもし北川さんが本当にそんな発言をしたのであれば、記者もこんなあからさまな間違いには気付いているはずだから、何かの意図を持ってわざとこの発言部分を切り取って掲載したのかもしれない(笑)。
Bあるいは記者もこの間違いに気付いてなくてそのまま載せたのかもしれない(泣)。

の3つくらいですが、どれですかね(笑)。

 ちなみに、私は一部の人たちから「瀬戸芸反対論者」のように言われているらしいが、私は瀬戸芸に反対しているのではない。みんなが希望して正当な手続きを踏んで議会が予算措置を承認してやるのなら、やることには何の問題もないと思っている。そして、ビジネスだろうがイベントだろうがやってみないとわからない部分が必ずあるのだから、やった結果についてファクトベースで正しく分析し、それをあるがままに報告し、その結果を見て「では次にどうするか?」を決めればいい。それを、さもいい結果が出たように取り繕うのがよろしくない、と言っているのである。「よろしくない」と思う理由は、

@取り繕った報告をベースにすると、「では次にどうするか?」の戦略を間違ってしまう。
A取り繕った報告をすると、ロジカルな指摘に対して取り繕いの連鎖をせざるを得なくなり、どんどん苦しくなる。正直にあるがままを報告し、「この結果を踏まえて次にどうするか?」をファクトベースで考える方がはるかに健全であり、不要な葛藤を抱えなくて済むから精神的に楽でもある。

の2点である。とにかく、瀬戸芸は来場者数の発表の仕方をはじめ「大成功している」という発表や報道が特に目につくので、「地域活性化の起爆剤になるみたいに大風呂敷を広げずに、レクリエーションのお祭りだと割り切って、ファクトベースで正直にやりましょうよ。その方が絶対健全で楽ですよ」と申し上げているだけなのである…って書いてたら、また仕事がはかどらなくなって本も読めなくなって人間が穏やかにならんでないか(笑)。というわけで、とりあえず『インタレスト』出ますのでよろしく。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.