麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

角ハイボール100円

釜揚げしらす丼

おとくセット

麺通団アプリ

肉釜玉

骨付き鶏

お品書き

お品書き

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
カルピスバター
10月〜の新メニュー
カツカレー
けんちんうどん
肉そぼろ釜たま
山菜きのこうどん
モツ煮込みカキフライ
4月〜の新メニュー
釜玉バター
めんたまうどん
明太醤油うどん
明太高菜うどん
お得セット
  メニュー2017
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年10月16日(月)

 「インタレスト」の締切前作業に苦しんでいるというのに、夕方から選挙カーがうるさい。ほんとにいつも思うんですが、あの「候補者名の連呼」を聞いて「おお、あの人に入れよう」と思う人っているんですかねえ。ちなみに私は「連呼で心を動かされる有権者」じゃないので、私には連呼は全く効果がないぞ(笑)。

***

 まあ、思い起こせば20代の頃は「政治家はみんな自分の利益だけを考えて悪いことをするから、私は悪事に加担したくない」と言って投票に行かないという、今思えば有権者としてあまりに考え不足だった時代もあったし、40代になっても「うるさい連呼を聞いた候補者には絶対入れない」という情けないことを言っていたこともありましたが、50代になってようやく「政治は政党がやるんだ」という真っ当なロジックに到達して、ようやく自分なりに「雑音に流されない投票行動」ができるようになりました。

 つまり、どこかの政党が政権を獲ったら、その政党は当然「党の掲げる政策」を実行に移すわけですね。その時、たいていの場合、党の首脳陣が中心になって具体的な政策を戦略に落とし込んでいき、一方、党内の経験の浅い議員や能力のない議員は戦略立案にはあまり大きく関われず、しかし「裁決の時の頭数(あたまかず)」という役割は果たすことになる…というのが私の大ざっぱな認識です。

 そう考えると、自分の投票判断の材料としては「その政党の掲げる政策」と「政策実行のための戦略」がロジカルに掲げられているかどうかだけを見ればいいので、自分の中で「主張」と「雑音」の区別がつくようになって、新聞やテレビやネットの中の選挙解説や識者のコメントなんかに全然影響されなくなるわけです。

 例えば、「我が党は一貫してぶれない政治をやる」という主張も、「傲慢な安倍一強政治を打倒する!」「安倍政権を許さない!」等の政権攻撃も、「野党は節操がない! あんな政党に政権が任せられますか?」といった野党攻撃も、私には全部ただの雑音になる。すなわち、問題(判断基準)は「一貫してぶれずに何をやるのか?」「政権を打倒して自分たちは何をやるのか?」「野党を潰して自分たちは何をやるのか?」という一点だから、そんなスローガンや主張は「政策」でも「その実行戦略」でもないので全く意味がないからです。

 そもそも、一貫してぶれずに「おかしなこと」をやられたのではたまらないし、政権を打倒して、あるいは野党を潰して「とんでもないこと」をやるような政党にも投票するわけにはいかんでしょう。

 あと、「厳しい戦いの中、命をかけて頑張っております!」とか「どうか、○○をご支援ください!」などという訴えなんか、「そうですか。で、何をやるの?」の一言ですから、「雑音中の雑音」(笑)。

***

 …とかいうふうに区別していると、「党の政策とその実行戦略で判断する」という投票行動をとる者にとっては、選挙演説も選挙カーもポスターもチラシも候補者の握手うんぬんも、つまり今行われている「選挙運動(活動)」なるものはいずれも「実行戦略書を伴わない政策のただの目次のようなもの」なので、ほとんど全てが「雑音」に分類されてしまうことになります。さらに、新聞やテレビの選挙報道等もほとんど「雑音」組になるから、見る必要もなくなる。

 では、「党の政策とその実行戦略」は何を見ればいいのでしょうか? 常識で考えれば、各政党が有権者に「政策と実行計画書」を配布(あるいはネットで公開)してくれればいいのですが、恐るべきことに、今の公職選挙法では「政策の目次」程度しか認められておらず、本気で「政策と実行計画書」を有権者に届けようとすると選挙違反になる! 政党が相手を攻撃する時によく「有権者をバカにしている」と言いますが、私に言わせれば、一番有権者をバカにしているのは「公職選挙法」じゃないかと思いますが(笑)。

 そういうわけで、とにかく誰も有権者に「各政党の実行計画書のついた政策」を見せてくれないので、私はそれぞれの政党の首脳陣の顔ぶれ(政権を獲ればその人たちが中心になって政策を実行するわけですから)と、それぞれの政党の過去の実績(政策実行能力)から判断するしかない。日本人は過去の出来事をすぐに忘れると言われる上、何かと物忘れをする年頃にもなってきたので、私はとりあえず、選挙のたびに「各政党が過去に何をやってきたか」と「今の首脳陣のメンタリティが変わってきているのか、あるいは変わってないのか」だけはきちんとチェックするようにしています。

***

 しかしまあ、わかったふうに(讃岐弁で言えば「りこげに」・笑)言うておりますが、冒頭で白状したように、浅はかながらこういう考え(正しいかどうか、異論も出るでしょうけど)に至るまでに何十年もかかっちゃって(笑)。そういう自分の過去を見る限り、一般論としては「やっぱり20代や30代の考えは浅はかやなあ」と思う次第です。私なんか、40代の頃の言動すら、今思えばちょっと恥ずかしいもの。

 でも、今回も選挙権は18歳からなんですよね。前回の選挙前、どこかの高校で先生がレクチャーした後で生徒に各政党の主張を選ばせたら「社民党の主張が一番の支持を集めた」という話を何かの記事で読んだ気がしますが、「政策」というものは「ロジカルに実行可能な戦略」とセットで考える習慣を付けた方がいいと思います…と、こんなことを書いている場合ではないのに、もう午前1時45分(泣)。


2017年10月7日(土)

 金曜日の夜から土曜日の昼前まで、久しぶりに目が腐るほど寝たのに、どうも寝過ぎて今日は一日中体調が悪かったという、「どないやっちゅうねん」という一日であった。ちなみに今日は、

7:30 起床。顔を洗って歯を磨いて新聞読んで…
8:30 二度寝。
11:20 再起床。
12:00 「泉屋」で肉うどんと赤飯おにぎりを食べる。
12:40 「くつわDo」でパソコン開けて仕事。
14:00 家に帰って仕事の続きをして、「讃岐うどん未来遺産プロジェクト」の原稿10本ほどの整理を完了して、ご担当者方々にメールで送る。
19:00 FM香川にごんとH谷川君と谷本ねえさんとK米ディレクターが集合して、『うどラヂ』の収録を3本。
21:10 家内とアップタウンに行ったら牛乳屋さんとクマさんとナベが来てて、あれやこれやと話してたらそのうち牛乳屋さんとクマさんとナベが帰って、そしたら久しぶりにしんちゃんが来て、引き続き11:30まで話をする。
23:40 帰宅。
24:30 風呂から出て再び仕事開始。

という一日であった。しばらく『インタレスト』の編集作業が止まっているが、日曜日中にあと2〜3本他の仕事を片付けて、月曜日から驚くべき集中力を発揮して『インタレスト』に取りかかるという計画だ。長年の私を知る数人のS原とか和DとかS々木とかGとかG乳屋さんとかは「計画だ」というところに大きな不安を感じるであろうが、私は変わった。今や「有言実行」の男である。事実、2日前に「目が腐るほど寝たい」と公言して、わずか2日後の今日、見事に実行したばかりだ。

 自分で言うてて虚しくなってきたので、今日はここまで。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.