麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


お年玉

ステーキ

角ハイボール100円

忘新年会2016

麺通団アプリ

肉釜玉

肉そぼろ釜玉

生ハム

骨付き鶏

お品書き

お品書き

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年1月22日(日)

 早朝から一仕事を済ませた後、今日は珍しく日曜日の朝の10時から『うどラヂ』の3本録り。11時半頃収録を終えて、私とごんとH谷川君と谷本姉さんの4人で牟礼へ行こうということになった。「石の民俗博物館」で、GABOMIが写真展をやっているというので「見に行ってやろう」という話になったのである(何で上から目線や・笑)。

 あれは2013年の夏のこと、四国の旅マガジン『GajA』の特集で私と本広監督とH谷川君の3人がうどん店巡りをすることになった時、カメラ担当でGABOMIという女の子が付いてきた。私は初対面だったのだが、そこでちょっと話しているうちに私もGABOMIもダイドーの自販機のマニアであることが判明して、二人で「ダイドー芸人」を宣言したという、私とGABOMIはそういう仲になったのである。ま、それ以後『うどラヂ』では何回か話題にしたものの、別に連絡をとるでもなく(連絡方法もわからんし)会うわけでもなく今日に至っているのであるが。

H谷 要するに「3年前に1回会うた」というだけの仲ですね。
田尾 そういう言い方もできんことはない。
ごん それ以上の何者でもないような気がしますが。

 仕方ない。そこまで言うならそういうことにしておこう。そのGABOMIが、風の噂によると、近年フォトグラファーとして有名になってきているというのである。何でも去年、資生堂が新進アーティスト発掘のために開催している「資生堂アートエッグ」という企画で370組の応募者の中から最終の3人に選ばれて、銀座の資生堂ギャラリーで個展を開いたというではないか。

田尾 そういうわけで、GABOMIを見に行ってやろうと思う。
谷本 GABOちゃん、私、昔取材したことありますよ。
田尾 おー、ほな、なおさら行ってやらないかんやないか。まあ、おるかどうかわからんけど、今日は日曜日やから、日曜日ぐらいは本人が来て店番しよんちゃうか?
H谷 アートで「店番」って。
ごん けど、もう3年以上も前に一回会ったきりでしょ? それから向こうは全国から世界に羽ばたこうとし始めてるんだったら、たぶん忘れてますよ。
H谷 団長ぐらいなら覚えてるかもしれませんけどね。
ごん あるいは、覚えてても、こんなおっさんらと一緒にうどん屋巡りをしたことなんか、忘れたい過去になってますよ。
田尾 確かに。けどまあええやん。とりあえず行ってみようで。

***

 ということで、とりあえずみんなでうどんを食って(ディレクターのK米君はうどん屋まで同行)、午後1時前に石の民俗博物館に到着した。私が4人分の入館料800円を払って(一応記録しとかんとな・笑)、個展スペースに入ってぐるっと見たけど、GABOMIはおらん。そこで、「ここの人は知ってる」と言う谷本姉さんが事務所に聞きに行って、「今日は2時からGABOちゃんがアーチストトークみたいなのをやるそうです。それで、1時45分ぐらいに会場入りするらしい」という情報を持って帰ってきた。

ごん まだ1時ですよ。
田尾 見たところ、ここには灰皿のあるおしゃれなカフェもないから、1時45分まで持たんな。
H谷 持ちませんね。
ごん 帰りますか。
谷本 えー、ここまで来て。

 とりあえず、「帰る」が9、「待つ」が1ぐらいの気分になって、それから何をするともなく、展示してある石のグッズとかを見ながら時間を潰していたら、お客さんがパラパラと来始めた。

田尾 あれ、みんなGABOMIを見に来とんか?
ごん きっとそうでしょう。ほら、牟礼には似合わんみたいな意識高い系のファッションの人とかいますもん。
田尾 ほんまや。
H谷 あ、RSKが来ましたよ。国司さんがおる。

 見ると、カメラクルーを連れた国司アナが受付の所に行って……取材交渉しよる。ぶっつけかい(笑)。

田尾 まだ1時20分か。
ごん 帰りますか(笑)。
田尾 そやのー。とりあえず表に出るか。

 表に出て、景色を眺める。ここはちょっと高台にあるから、向こうに仏生山あたりの山の密集と六ツ目山まで見えるなかなかの眺望。しかし、眺望だけでは時間が持たないので、私とごんが着ている服や靴の自慢合戦を始めた。

H谷 どんな時間の潰し方ですか!

 一通り自慢合戦が終わって時計を見ると、まだ1時35分だ。その間にも下から階段を上がって何人ものお客さんがやってくる。それをチラチラと見るのだが、何せ3年以上も前に1回会うた切りだから、GABOMIかどうかを判別するのに一拍置かないかん。というか、ひょっとしたら目の前を通過されてもわからんかもしれん……と思いながら、しまいにベルトまで抜いて「このベルトはな、あれ? ブランドも何も書いてないぞ。どこで買うたんやろ…」などと言っていたら、意識高い系の服を着た女性が数人の取り巻きと一緒に階段を上がってきた。そして、我々と目が合った瞬間、

ガボ「あ!」
田尾「ちわ」
谷本「久しぶりですー!」

***

 双方、一撃でお互いを確認し合いました。いや、私は3年前に会ったサトイモの子イモみたいな女の子(失礼・笑)が微妙に都会の女性みたいに垢抜けていたので、頭の中で0.5秒くらい確認作業をしましたが(笑)。で、玄関前で1〜2分立ち話をして、GABOMIは「ちょっと遅れて来ちゃったんで」と言って会場に入っていった。

H谷 覚えてましたね。
谷本 ほんとですね!
田尾 いやー、よかったよかった。ほな、帰るか。
谷本 帰るんですか! 2時からアーチストトークですよ。
田尾 あのな、客層見たか? あの意識高い系軍団の中に、香川の意識低い系の最高峰に君臨する麺通団が入っていったら、場が壊れるだろ。
ごん 確かに。
田尾 ここはそっとしといて、俺らは「子イモ」が「白鳥」になって羽ばたいていくのを陰から見守るだけでええんじゃ。
H谷 子イモが白鳥になるんですか!
田尾 生物の進化というものはな、神秘なんじゃ。

 などと言いながら、我々は帰ったのでした。最低の客じゃ(笑)。


2017年1月18日(水)


 まだダメだ。日記に手をつける余裕がない。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.