麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

クレジットカード

サワー

麻婆麺

麻婆丼

麺通団アプリ 
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
値上げ
お持ち帰り
カルピスバター
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
メニュー韓国語
獺祭>
   
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2018年6月20日(水)

 梅雨である。石ちゃんも鼻が詰まったら「ばいう〜」と言ってしまうぐらい、梅雨である。

 で、まるで天気そのままのように重い原稿がジメジメとして進まないので、先週から早朝研究室1発目のBGMをコルトレーンの『ジャイアントステップス』に変えました(笑)。ま、1発目と言っても夕方までずーっと同じCDをかけっぱなしなのであるが、CDを入れ替える気も起こらないほどメンタルが重い日々だということでもある。

 でも、メンタルが重いと言っても、何かの悩みにずーっと捕らわれて落ち込んでいるみたいな重さではなくて、例えば授業とかいろんなルーティーンの仕事の合間といつもの調子で全力で授業をやって、次の授業までの本来ならリラックスとかリフレッシュとかに充てるべき時間に全部、重い原稿の堂々巡りの思考がのしかかってきているという重さである。

***

 けどまあ、私は基本的に物事を悲観的に考え込むようなことをしないタイプなので、精神的に「落ち込んだ」という記憶はほとんどない。でも、かといって楽観的なわけでもない。たぶん、「普通」ということである。

 こないだテレビを見ていたら、メンタルのアドバイザーみたいな女性の方が出てきて、人を「楽観的なタイプ」と「悲観的なタイプ」に分けて何やら解説をしていたのだが、私に言わせれば「そこは二択じゃない」と思うのである。例えば、そのアドバイザーの方は、何かトラブルが起こった時に、
(1)「どうしよう、困ったことになった…」と深刻に捉えて考え込む悲観的な人。
(2)「まあいいや、何とかなるさ」と考えて前に進む人。
みたいな分け方をしていたが、私はそのどちらにも当てはまらない。私は、何かトラブルが起こった時に、
@まずトラブルを収めるために最も有効な手段を考えて実行し、一刻も早くトラブルの後始末をする。
Aしかる後、「このトラブルの原因は何か?」を考え、同じトラブルが起きないように、その原因に対する有効な手段を講じる。
というタイプの人間だからである。

 もちろん、それでうまく行かない時も多々あるが、原因の特定や手段の選定を考えて実行したら、うまくいかなかった時に「何が間違っていたのか?」の検証がしやすいから、そういう思考をすることにしたのである。

 いつからかというと、たぶん仕事をし始めてからである。仕事というのは「自分の中だけで完結する趣味みたいなもの」とは違って、必ず相手がいるし、成果を挙げないと会社が潰れて路頭に迷うから(仕事を「働かされている」としか捉えられないような人はそんなこと考えたこともないだろうけど)、トラブルに対しては「当面の問題解決」と「再発防止」が最優先であって、「このトラブルをどう捉えるか?」なんかに現(うつつ)を抜かしている場合ではない。そういうのを長年やってきたため、そういう思考が染みついたのだろうと思う。

 でも、あえてどっちかと問われると、基本的に悲観的思考からは「当面の問題解決策」も「再発防止策」も出てこないから、「真ん中だけど、結果的にちょっと楽観的寄り」ですかね。私の数あるモットーのうちの一つに「解決できない問題はない(どんな問題でも、知恵か、能力か、お金か、時間か、他人の協力があれば必ず解決できる)」というのがあるので。ではなぜしょっちゅう重い原稿に苦しんでいるのか? と問われれば、「知恵と能力が足りない、お金は原稿を書いてくれない、頼む他人がいない、だから時間がなんぼでもかかる」という、実に理にかなった回答が用意されている(笑)。ま、最後には「仕事をやめる」という解決策があるんだけど(笑)、そこに至るまでに、もうちょっと頑張ろうと。


2018年6月11日(月)

 S氏から「これこれ」という件名で、「昨日の日記のうどん店はセルフではなくて一般店だ」という指摘が入った。昨日のS氏のメールに「セルフ店」という記述があったのではなく、私が店名を見ててっきりセルフの店だと思い込んで書いてしまったという、明らかな私のミスである。何か、「間違った情報が拡散するきっかけの瞬間」を見たような感じで、誠実な情報発信をモットーとする私にアルマジロ行為につき、訂正してお詫びしますので、皆さんの頭の中に浮かんだ「高松市の商店街にあるセルフうどん店」のリストをデリートして「高松市の商店街にある一般店のうどん店」のリストに置き換えておいてください。以上、「Sちゃんに叱られる」のコーナーでした。

 ちなみに、こんな業務連絡みたいなやり取りを日記に書いているのは、S氏からたまーに来るメールに返信しても、何や機械が受け付けてくれないからである(笑)。私の周りにはもう一人、メールは一切使わず、携帯電話は使うけど用事がある時にだけ向こうからかかってくるだけで、こっちがかけるとかならず留守電になっている(ビジネスの相手以外からの電話はいちいち受けない主義であるらしい)という、しかし素晴らしい能力を持った方がおられるのであるが、それぞれ何かちょっと「生き方」として憧れる部分もあるので、私も携帯電話やメールは最小限の相手としかやり取りをせず、SNSは一切やっていないという毎日で、とりあえず何不自由なく過ごしております。

 ただし、携帯電話やメールやSNSという機能を否定しているわけでは全くありませんので念のため。それらが自分の「生き方」に必要な方は、どんどん有効に使えばいいと思っていますし、私の「生き方」には特に必要がないので使っていないというだけです。こないだ、この日記のシステムに不具合が出た時には、「よし、これを機に日記を終了したらもっと仕事に専念できるぞ」と思ったぐらいだから(笑)。

***

 さて、先日ある若者2人から、「町の活性化イベントをやっているのだが、何かアドバイスが欲しい」という依頼があって、そのうちの1人は私の知ってるやつだったので話を聞いてやったのである。そしたら、そいつらはまだ会社に入って日も浅いのに、仕事が終わったら一生懸命町おこし活動みたいなのに精を出しているというから、「自分の仕事に精を出した方がええぞ」と言ってやりました(笑)。

田尾「お前んとこの会社の社長、毎日何しよる? 地域おこしのイベントとかに精出しとるか? そんなことやってないやろ。社長は毎日頑張って会社の利益を上げるために働いとるはずや。ほんで、会社が利益を上げたら社員に給料を払って、事業拡大に投資をして、雇用を増やして。そういう努力が実を結んだら、地域に人が増えてみんなの可処分所得が増えて、町なんか勝手に活性化していくんや。そういうサイクルの中で、仕事もろくにできん新入社員が社外で『地域活性化イベント』に精を出すというのは、俺にはどうも双手を挙げて応援する気になれんのやけどなあ」

 まあ、両方で十分な付加価値を出せるのならそれに越したことはないけど、とりあえず、非常事態になったら司令官は「全員、司令室に集まって作戦を考えろ!」などとは言わない。「全員、持ち場に着け!」と言うのである。ということは、下っ端の我々は持ち場について自分のやるべき事を必死でやって成果を挙げることが最優先であり、それこそが「地域活性化」なるものへの正攻法かつ優先策、そして最も有効な手段だと思うのだが。しかし、今や全国あちこちで「みんなで地域活性化活動をしよう」みたいなことになっている。何でこんな風潮になっちゃったかなあ。

 というわけで、「仕事のできんやつが『地域活性化』なるものにうつつをぬかしとるんじゃないか?」と言われないように、私はいつも自分の仕事を最優先で頑張っているのであった。さ、明日も「うどん屋活性化」のため、うどんイベントなんか考えずにうどん食いに行こう(笑)。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.