麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


営業再開のお知らせ

ソーダ割100円

生麺販売開始

今月のお得

茶うどん

お持ち帰り
カルピスバター
クレジットカード

レモンうどん

豆乳キムチうどん

山菜うどん

サラダうどん

麻婆丼

麺通団アプリ 
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
さぬきうどん未来遺産プロジェクト
香川の誇る食文化「さぬきうどん」の歴史と今を、未来へ。さぬきうどんの忘れ去られつつある過去の真実を徹底発掘し、未来に繋いでいくプロジェクトです。

讃岐うどんクーポン
       
お持ち帰り
カルピスバター
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
メニュー韓国語
獺祭>

   
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2020年9月15日(火)

 昨日、訳あって半年ぶりにゴルフの練習に行くハメになったのであるが、30球ぐらい打ったあたりから肩に違和感が出始め、それでも100球ぐらい打って帰ったら、肩を上げたり回したりするたびに痛くてどうにもならなくなった。その特徴は完全に「フィフティー・ショルダー」やがな。いや、年齢的には「シックスティー・ショルダー」だが、「四十肩」と「五十肩」はあっても「六十肩」という言い方をあんまり聞かんので…どっちでもええか。

 というか、10年ぐらい前にフィフティー・ショルダーになった時とは痛みの感じがちょっと違う気もしたので、今日、「迎え酒」でなくて「迎え打ち」でもう一回打ちっぱなしに行って軽く50球だけ打ってみたのである。そしたら余計に痛くなってしまって(当たり前じゃ)、「これはいかん」と思って練習場からすぐに行きつけの按摩屋さんに電話をしたら「今日はもうずっと(お客さんが)入ってしまってるんです」と言われて、途方に暮れて家に帰ったら「今度のゴルフ、1人が急用で行けなくなったんで○日に変更したいんですが、どうでしょう」というメールが入っていて、その日は『インタレスト』の編集作業日だったので今度は私が行けないということで、結局来週のゴルフは中止になったので「シックスティー・ショルダー」の心配がなくなったという、“持ってる”のか“持ってない”のかようわからんテンション上がり下がりの2日間であった。

 などと書いていたら、上原から「日記の更新の頻度が格段に上がったので非常に喜ばしく思っております。めっちゃ元気に鳴いたかと思ったらそのまま天寿を全うするセミみたいになりませんよう」というあたたかいメッセージが来たが、思い起こせば22歳から45歳ぐらいまで、「1日8時間労働の週休2日制で有給休暇もちゃんとある公務員」のたぶん2.5倍ぐらい働いてきたので、いつ天寿を全うするかわからんことだけは確かだ。向こうで勝谷さんが「ヒマやから早よ来て」とか言いよるような気もするし(笑)。ま、とりあえずそれなりに頑張りながら、何かあったらそれはその時の話じゃ。「…とか言いよるやつに限っていつまでも生きとるんじゃ」とみんなが言うんよねー。
 


2020年9月13日(日)

 数日前、ある高校から大学を通じて私の「発想力開発論」の出張講義を受けたい、というオファーがあった。聞くと、その高校のあるクラスが先生の指導の下、あるテーマでウェブサイトを作って情報発信することになったのだが、そのコンテンツのいいアイデアがなかなか出なくて困っていたところ、担当の先生が『インタレスト』を見てその発想力と切り口のおもしろさに衝撃を受け、「ぜひご指導いただきたい」とのことであった。

 私が大学で今担当している9つの講義はすべて、私がプロのビジネスの現場でやっていたことを元に組み立てたものであり、私は「簡単なことを難しそうにこねくり回す大先生」ではなく「難しいことをなるべく簡単に説明する」というタイプの人間であるから授業の内容は非常にわかりやすいと自分でも思っているが、ビジネスの現場に入ったことのない大学生には「実感というものが伴わない」というもどかしさもある。それが、相手が高校生となるとさらに「実感」からかけ離れてくるので、果たして私の手法がお役に立てるのかどうか不安もある。けど、『インタレスト』の凄さを少なからず感じていただいているようなので、これは無下に断るわけにも行かず、双方の日程の調整をして、数週間後にお伺いすることになった。

 で、その事前のご挨拶ということで、先方の担当の先生と電話で少しお話をしたのである。先生によると、地元の情報発信系の業者の方から「アイデアをたくさん出したいなら、ブレーンストーミングをやればよい」と指導されたそうである。ところが、実際やってみたけど、なかなかうまくアイデアが出てこない。そこで、『インタレスト』は毎号、一体どうやって発想し、特集企画に仕上げているのか、ぜひご指導いただきたいというわけであった。これまで、高校からの出張授業の依頼はその多くが「何かやらやいといけないから、誰かを呼んでやってもらおう」という、高校の義務的スケジュールの穴埋めみたいなものだったのだが、わかりました、そういうことならお任せください(笑)。

 で、電話で私の講義のフレームワークをちょっとだけお話しした。

 まず、「情報発信の斬新なコンテンツを決める」という目的なら、「ブレーンストーミング」から入らない方がいいと思います。理由は、頭の中にアイデアが少ない者が集まってブレストをやってもロクなアイデアが出ないからです。例えば10人でブレストをやると10人の頭の中にあるものがとりあえずそこに並ぶわけですが、1人が1つずつしかアイデアを出せないと、全部で10しかアイデアが出ない。2つずつ出しても20、5つずつ出しても50しか出ない。

 ところが、私のやってきた「アイデアを生み出す手法」というのは、ブレストをやる以前の話、すなわち「ある決められたテーマについて、1人の頭の中に浮かぶアイデアを10個や20個のレベルから数百個、数千個レベルに引き上げる」というプログラムなので(といっても手法はあっけないほど簡単です)、そこの引き出しが桁違いに増えた者を集めてブレストをやると、そこから生まれる「いいアイデア、斬新なアイデア」の数も確率的に必ず増えます。というか、ブレストなんかやらなくても、数百個のアイデアをどんどん出していくうちに「企画案」まで決まってきますよ。

*****

 ちょっと豪語しちゃったかなあ(笑)。「グッダイ」みたいな(「そらオーストラリア語や!」とツッコミよろしく)。とりあえず、短時間の出張授業でうまいこといくかどうかわからんけど、これからちょっと準備してみます。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.