麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


営業時間の変更

今月のお得

お持ち帰り
カルピスバター
クレジットカード

けんちんうどん

山菜うどん

サラダうどん

麻婆丼

麺通団アプリ 
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
さぬきうどん未来遺産プロジェクト
香川の誇る食文化「さぬきうどん」の歴史と今を、未来へ。さぬきうどんの忘れ去られつつある過去の真実を徹底発掘し、未来に繋いでいくプロジェクトです。

讃岐うどんクーポン
       
お持ち帰り
カルピスバター
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
メニュー韓国語
獺祭>

   
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2019年11月25日(月)

 『インタレスト』発刊の季節がやってまいりました。数ヵ月間の苦しみを乗り越え、先週ようやく最終校正を終え、アクシデントがなければ今週末に納品予定で「12月1日発刊」に何とか間に合いそうですので、ご希望の方はまたいつものように送り先と希望冊数を書いて、

eメール/interest@sg-u.ac.jp
ハガキ等/765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1 四国学院大学カルチュラルマネジメント学科「インタレスト編集部」宛

までお申し込みください。

 ちなみに、今回の第一特集は「車で行ける絶景の山上」。徒歩で山登りをするような労力を掛けずに、車で楽をして高いところに行っていい景色を見ようという、「働く時間は減らしたいけど給料は同じだけもらいたい」という現代の多くの日本人にピッタリの企画です(笑)。まあ、企画自体は少々安易ではありますが、頑張って網羅的に取材した結果、「豊浜の山から琴平の象頭山〜飯野山〜五色台〜屋島〜小豆島まで、香川県の4分の3ぐらいがパノラマで一望できる穴場展望所」や、「珍しいアングルの眺望が開ける山上の廃墟の屋上展望スポット」等々、12カ所の「車で山上」スポットが見つかりました。加えて、おそらくまだどこにも紹介されたことのない激レア物件「坂出のマチュピチュ(笑)」も発見されておりますので、どうぞお楽しみに。

***

 しかしそれにしても、今回は少々安易な企画だったのに予想外に苦労しました。担当学生が山上の取材中にイノシシに突進されてバイクのナンバープレートがひしゃげるというアクシデントもありましたが(笑)、苦労した最大の理由は「天気」です。山上から遠くまで開ける眺望写真を撮らないといけないのに、7月中旬に企画が決まってから8月、9月、10月と3カ月もの取材期間の間、雲一つない晴天の日でも遠くの山は霞のようなものがかかって薄くぼやけていて、空気がスコーンと抜けて対岸の岡山までくっきりはっきり見える日がただの1日もなかったからです。かつては台風一過の翌日なんか絶好の撮影日和がしょっちゅうあったのに、今年は台風の後も霞んで全然ダメでした。

 理由はよくわかりません。水蒸気の量が増えてきてるのか? と思って気象庁のデータから高松市の10年単位の気温と湿度の平均値を出してみたら、

1940年代 (平均気温)14.5度 (平均湿度)77.2% 
1950年代 (平均気温)15.0度 (平均湿度)77.1% 
1960年代 (平均気温)15.2度 (平均湿度)74.0% 
1970年代 (平均気温)15.3度 (平均湿度)71.4% 
1980年代 (平均気温)15.4度 (平均湿度)71.1% 
1990年代 (平均気温)16.4度 (平均湿度)68.0% 
2000年代 (平均気温)16.8度 (平均湿度)65.3% 
2010年代 (平均気温)16.9度 (平均湿度)67.0% 

となりました。湿度は「空気中に含むことのできる水蒸気量に対する実際の水蒸気の量の比率」で、気温が高くなると「空気中に含むことのできる水蒸気量」が多くなるから、分母が大きくなって、水蒸気量が同じなら気温が高くなると湿度が低くなる。従って、上記データで一目瞭然の「この70年で平均気温が上がって平均湿度が下がってきている」というのはセオリー通りだけど、2000年代から2010年代だけ、平均気温が0.1度上がっているのに平均湿度が1.7%も上がっている。この70年でここだけ、セオリーに逆行して湿度が上がっているのは、やっぱり水蒸気量が増えてるんでしょうかねえ。ちなみに、2016年〜2019年の直近3年間だけの平均を出してみると、

(平均気温)17.2度 (平均湿度)67.7%

となって、さらに平均気温が上がっているのに、またまた平均湿度も上がっていました。これ、ほんとに近年、空気中の水蒸気量が増えているということですか? 私は基本的に文系の人間なのでこの程度の推測しかできませんが、「気温ごとの空気中に含むことのできる水蒸気量」を調べてそれに湿度を掛ければ正確な水蒸気量が出ると思うので、私の上記ロジックに考え違いがあれば、理屈と合わせて「正確な水蒸気量」を計算して、データを提示してください。

 あと、第二特集は香川県に1万4000面ぐらいあるため池のうち6000面ぐらいのため池の「名前」を人海戦術で分類集計した「池の名は。」という企画ですが、何と、その中で香川県に「満濃池」という名前の池がもう一つあることが判明しました! うどん屋の「田村」のそばです。田村の大将に聞いたら「わし、ずっとここに住んどるけど、そんなん見たことも聞いたこともなかったが」言うてました。近所の人に名前も知られずにひっそりと、「俺も満濃池なんやけどのー…」とか思いながら生きてきた「第二の内気な満濃池」の場所と写真を載せていますので、ぜひ陽の目を当ててやっていただきたいと思っています(笑)。


2019年9月20日(金)

 数日前に私の周りの誠実な讃岐人と讃岐うどんファンたち(もうええか)数人から「こないだの日記、ツイッターでバズりまくりですよ」とかいうご注進(笑)があったのだが、「バズ」などという単語は私はケンとメリーのスカイラインしか知らんので解説付けとってくれ(笑)。ま、知ったとしても(知ってるけど・笑)私は絶対使わんけど。

 で、私はツイッターもしないしフェイスブックもインスタもしない…という以前にスマホすら持っていないので、「そうですか」とか言いながら、三連休最後の月曜日に車で高速通って3時間かけて丹波篠山へ焼き栗を買いに行ったのであった(笑)。

 そこで焼き栗の店を3軒回って「ええぶん」と「普通のぶん」と「変わったぶん」(いずれも私的評価)の3種を買って帰ってきて、さっそく家で『インタレスト』の学生たちが必死で集めて分類したデータを前にして編集の切り口を考えながら、まずは「ええぶん」の焼き栗を食べていたら、数少ない友人たちからさらに「もっとあるでしょ。バンバン言うてくださいよ」とかいう要望が来たのである(言ってきた仲間8人中、おもしろがり係が2名、煽り係が5人で、ブレーキ係はいつものように和D画伯1名・笑)。

 もっとあるけどさあ(笑)。こないだは「情報発信のモラル」と「讃岐うどんの麺作りの外形的基本」のことだけを書いて、蛇足で私の所に集まってきた現在情報とそれをサポートする最低限の過去情報を並べたら、その「蛇足」のところだけをみんなが煽り立てているようだけど、そういうのが大好きな君らが大喜びしそうな過去情報はあと4割ぐらいあるけどさあ(笑)。そういうのはこれ以上はちっとも建設的でないから、もうええが。あとはみんな、ちゃんと目に見えるファクトをロジカルに組み立てていったらいろんなことがわかってくるから、自分で考えてくれ(笑)。

 例えば、丸亀製麺は「全ての店で粉から作る」ということは全ての店で少なからず「違う麺が出ている」ということになるので(確か、丸亀製麺もそう言っていたと思う)、そこから理屈で普通に考えたら、流れてくる情報や自分の発信する情報が自分なりにロジカルに整理できてくるはずである。例えば、「丸亀製麺のどこそこ店の誰それが打った麺は天才的に旨い」とか(職人の腕によってはそういう店もあるんじゃないか?)「あの店の誰それが打った麺はイマイチだな」とかいう店ごとの自分なりの評価をするのならわかるけど、丸亀製麺の店の麺を全部一括りにして「旨い」だの「旨くない」だの言うのはちょっと違うということがわかる。あるいは、丸亀製麺の言う「これが丸亀食感」というコピーには「全店が同じ麺」というニュアンスがあるから、少々矛盾を含んでいるな…ということもわかってくる。また、人の文章も“ロジカル”を意識して読むと、「これは何を言っている」、そして「何は言っていない(何については言及していない)」ということもわかってくるから(ちなみに、私はこないだから讃岐うどんのクオリティについては「麺作りの基本」のことしか言っていないからね)、あとは自分で考えてくれ(笑)。

***

 というわけで、今回は久しぶりに四国新聞の記事から。

 こないだのマラソンがあった日、丸亀市の職員が浅草のマラソンコースの沿道で観客に「丸亀うちわ」を1万本配布したそうで、翌日の四国新聞にその様子が写真付きで載っていた。記事によると、「うちわは環境に配慮した竹製で、縦37センチ、横24センチ。表面には同大会のロゴマーク、裏面には『丸亀うちわ』の文字が入っている」とあったのだが、写真を見ると、そのうちわは普通の丸いうちわの形で白い紙がベースになっている。それを見た私の第一感は、

 「もったいないなあ」

であった。どういうことか?(こないだ使ったこのフレーズがマニアックな理由でA藤だけにウケたので、もう一回使ってみた・笑)

 商品のマーケティングの最重要と言っても過言ではない要素は、私ごときが言うまでもなく、「差別化された付加価値」、すなわち「他の競合商品にない特徴」である。では、丸亀うちわの競合に対する最大の差別化要素は何か? 丸亀うちわの製品をよく知らない人はネットか何かで過去からの丸亀うちわの写真をくまなく見て、こう想像して考えてみてください。

 「日本三大うちわ」と呼ばれる丸亀うちわ、京うちわ、房州うちわをはじめ、全国のありとあらゆるデザインのうちわを1000本ぐらい集めて並べて眺めた時、「あ、あれは丸亀のうちわ!」とわかるうちわはどれか?

 一目で「他と違う」とわかるのは、たぶん、あの茶色がかった朱色の無骨にゴワッとした、かつて真ん中にマルキンマークの入ったあのうちわだと思う。ということは、あの朱色のゴワッとしたうちわが、最も差別化されたうちわだと言える。すると、PR用に大量に配って露出する丸亀うちわは、あの「朱色のゴワッとしたやつ」(もちろん、形やデザインは今風に仕上げて)をベースにした方が絶対インパクトがあったのではないか?

 かつて、丸亀うちわは甲子園の高校野球の応援によく使われていたが、もし、あの頃から継続的に「朱色のゴワッとした丸亀うちわ」をいろんな場面でなるべく大量に露出し続け、デザインアップも「朱色のゴワッとした形状」をベースにもっと展開していれば、丸亀うちわは全国の人に「丸亀のうちわ? ああ、あれか」という認識が浸透していたのではないかと。そして、遅ればせながらも、今からでも「あれ」を再プロデュースした方が、中期的に「丸亀うちわ」のイメージやステイタスが差別化されて浸透していくのではないかと。

 まあ、地域の経済活性化的に言えば、扇風機とエアコンが普及した今日、構造的不況業種と言わざるを得ない「うちわ」にそれほど大きな期待はできないが、それでも微々たる活性化を目指すのなら、マーケティングの基本である「差別化された付加価値」は常に最優先で意識しておいた方が、ムダ打ちが少なくなると思う。

 何か「丸亀」つながりみたいになったが(笑)、丸亀製麺もはなまるも、というより全国から世界中のありとあらゆるビジネスをやっている人たちはみんな、「差別化された付加価値」を必死で探して商品開発やマーケティングをやっているのである。「行政はビジネスとは違う」と言う人がたくさんいるが、行政だろうが宗教だろうが何だろうが、「多くの人に知ってもらいたい、多くの人に興味を持ってもらいたい」と思った瞬間、厳しいマーケティングの世界に入るのである。すると、必然的にそこでは「マーケティングの手法」が有効になり、求められることになる。まあ、「やること」が目的で「特に成果は求めない」というのなら別にいいけど、せっかく頑張って出かけていくのなら少しでも成果が上がった方がいいじゃないかと、老婆心ながら思った次第である。というわけで、こんな感じでええかな、和D(笑)。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.