麺通団公式ウェブサイト
麺通団トップへ 団長日記へ リンクへ 募集一覧ページへ
麺通団公式ウェブサイト
2017年11月の日記
2017年11月11日(土)

 ふえ〜、インタレストの編集があと1ページになった。

 今回は、10月29日に第一特集と第二特集合わせて18ページのデザイン発注を完了。11月を待たずしてあと第三特集の4ページを残すのみになるという、創刊以来最速の進行をしていたのだが、悪い予感が当たってしまった。

 第三特集は過去の新聞広告を調査するという企画で、学生チームは夏休みから手分けして図書館で新聞の縮刷版を総計7万ページめくり、8500件を超える広告(全ページ広告だけ)を拾い出してきていた。それを、年度別、業種別に分類し、数を数えて推移グラフ化して傾向を浮かび上がらせようという作業に入ったのだが、案の定、集めた8500件の情報に不備や抜けがあり、この2週間、あわや「7万ページめくり直しか!」という大ピンチに陥っていたのである。

 それが、責任感あふれる笠井編集長、溝淵副編集長たちの獅子奮迅のカバーもあって(当編集部では「部下のミスは上司がカバーする」という文化を養ってきているので・笑)、本日夜10時、ついにあと1ページに漕ぎ着けたのである。「全部できてから日記書かんかい!」というお叱りには、「君ら、一辺同じ目に遭うてみい。あと1ページで終わりが見えた時にプチ油断したくなる気持ちが身に染みてわかるわ」と言っておこう(泣)。

 あと、余談ですが、過去の新聞広告調査を始めるに当たって、全部の新聞はとても調査できないので、全国紙は発行部数の一番多い読売新聞、地方紙は地元四国新聞に絞って調べようということになって、数カ月前、学生たちが学内の図書館に行ったわけです。そしたら、うちの大学の図書館には朝日新聞と毎日新聞の縮刷版しか置いてなかった。はい、意図あってかどうか知りませんが、“そっち系”の新聞だけしか置いてなかったんです(笑)。大学って、結構そっち系の最後の生息場だという話は聞いていたんですが、もしそういう意図が働いているのだとしたら、逆に朝日新聞の古い縮刷版を置いていたらいろんなことがバレてまずいんじゃないですか?(笑)

 いかんいかん、いらん心配せんと、早よ最後の1ページに取りかかろ。
団長日記・バックナンバー一覧へ
build by HL-imgdiary Ver.1.24
トップページへ戻る
 
 

すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。Copyright (C) 2003 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.